楽園信州

信州の旬情報をお届け!

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 楽園信州 > ■エリアで捜す > Vol.27特集■「HAKUBA」で楽しむ異国情緒

Vol.27特集■「HAKUBA」で楽しむ異国情緒

■変化する白馬の町
2007年、白馬村に宿泊した外国人は、のべ4万人!!
この数字は県内では長野市に次ぐ多さ。松本市より多いんですよ!
しかも冬のシーズンに集中しているわけですから、いかに冬の白馬に外国人が多いかがわかりますよね。

また、街の様子も大きく変わってきています。
ゲレンデだけでなく、宿泊施設や飲食店が集まっている「和田野の森」や「エコーランド」といったエリアへ行ってみると、英語の看板が多いことにびっくり。おしゃれなレストラン、バーやパブなどもかなり多くなりました。

他にも人気なのが「ニッポンの食」。そば屋や寿司屋など、連日外国人客で賑わっています!
ある寿司屋の大将なんかは、「英語なんてさっぱりだったけど、毎日彼らと話していたら、自然と会話できるようになっちゃったよ」と、いうほど。

夜の雪道なんて歩くの大変。車じゃお酒も飲めないし…
そんな不安は無用ですよ。
日が暮れてから村内をくまなく「ナイトシャトルバス」が循環しています。
旅先のナイトライフを楽しもうという外国人の方にも大人気!

さらに昨年末には、古民家を改装した「庄屋まるはち」も完成しました。
ここは、内玄関やいろりなど江戸時代末期の風情が漂う空間で、会席料理も楽しめ、外国人の方の評判も上々。
一緒に文化体験をしてみるのもおもしろそうですね。

白馬にやってくる外国人はみんなオープンでフレンドリーな人達ばかりです。
日本、そして信州の、すごいところ、楽しいところ、おいしいものを教えてあげて、彼らの国の話を聞いたりできたら素晴らしい事ですよね。

この冬は国際スポット白馬で、異文化コミュニケーションを楽しんでみませんか?

白馬村の総合観光情報についてはこちら
ナイトシャトルバス「元気号冬物語」についてはこちら
白馬村歴史的古民家「庄屋まるはち」についてはこちら

※メールマガジンを読んだ感想を長野県企画課までお寄せください!
メールはコチラ≫

1 2 3

このブログのトップへ