楽園信州

信州の旬情報をお届け!

<VOL.239>旬です!信州

<彼岸花が見頃>
松川町の嶺岳寺では彼岸花(ヒガンバナ)が境内を赤く彩っています。
赤い花火が開いたかのような彼岸花。境内の梅林に約5万株が群生します。
先代の住職が最初の30株から35年かけて増やしてきました。日が差すと緑の木々を背景に、赤い花が鮮やかに浮きあがります。訪れた人達は、これだけの数は見たことがないとカメラを向けていました。
(9月24日放送)

<りんご並木60周年>
飯田市の飯田東中学校が27日、「りんご並木」60周年を記念する学芸会を開きました。
同市のシンボルにもなっているりんご並木は1947年の飯田大火の後、同中生徒が「美しい街をつくろう」と苗木を植えたのが始まりです。代々生徒たちが手入れと収穫を続けています。学芸会では歴史を振り返るとともに今後も大切にしていくことを誓いました。市中心部350メートルにわたるりんご並木では例年1万個以上を収穫しています。
(9月27日放送)

このブログのトップへ