楽園信州

信州の旬情報をお届け!

<VOL.242>旬です!信州

<槍ヶ岳に刺さる夕日>
須坂市峰の原高原は5日、北アルプス槍ヶ岳に太陽が刺さるように沈む姿を見ようと大勢の人でにぎわいました。
この季節の有名スポットになった同高原。大阪や千葉など県内外のカメラマンがずらりとレンズの放列を敷きます。午後4時37分すぎにオレンジ色の夕日が、槍ヶ岳のシルエットに重なり始め、頂上の隣りにある小槍の姿もくっきりと浮き立たせました。2月5日ごろもチャンスがあるということです。
(11月5日放送)

<信州そば品評会で審査>
そばの品質向上を目的に長野市で6日、信州そばの味や香りを審査する品評会がありました。
品評会には県内の製麺業社23社が乾麺や生麺181点を出品しました。審査は、そば粉の配合割合などによって5部門。公募で選ばれた市民3人を含む25人が形や味と香りなどを3段階で採点します。県の専門家によりますと今年は収穫量は減ったものの品質はいいということです。3次審査まで行い農林水産大臣賞1点と県知事賞10点を選びました。
(11月6日放送)

このブログのトップへ