楽園信州

信州の旬情報をお届け!

<VOL.192>旬です!信州

<親子米粉料理教室>
米粉のおいしさを知ってもらおうという料理教室が30日、長野市で開かれました。
4歳から小学6年までの夏休みの親子14組34人が参加しました。
粉をこねてサラダうどんとクレープ作りに挑戦します。
麺やパンに使うともっちりした食感になる米粉。
子供たちは「おいしい」「もちもちしている」と好評でした。
この米粉の料理教室は県内10箇所で開催されます。(7月30日放送)

<諏訪大社下社の遷座祭「お舟まつり」>
諏訪地方に夏を告げる諏訪大社下社の遷座祭「お舟まつり」が1日、下諏訪町でにぎやかに行われました。
御柱祭で馴染みの「お願いだー」という木遣りも響く中、ご神体を乗せた舟が下社春宮から1.6キロ離れた秋宮まで進みます。
高さ2.2メートル、長さ6.2メートルの舟が狭い街中を通る見せ場もあって、沿道は祭りの熱気に包まれました。ご神体は来年1月31日まで秋宮で過ごします。
(8月1日放送)

<茶臼山動物園で飼育員の1日体験>
長野市茶臼山動物園で2日、夏休み中の子供たちが飼育員の1日体験をしました。
18人の子供が5班に分かれて動物の世話をしました。
ゾウのエリアでは「ゾウには遊びでも人間にとってはすごい力」と説明を受け、大きな体にややおっかなびっくり。
レッサーパンダの飼育舎では生まれたばかりの赤ちゃんもだっこしました。
フンの片付けや餌の準備も体験した子供たちからは「大変だけど楽しい。将来飼育員になりたい」という感想も聞かれました。(8月2日放送)

1 2

このブログのトップへ