楽園信州

信州の旬情報をお届け!

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 楽園信州 > ■就航地情報 > Vol123■信州まつもと空港からの就航地情報(北海道編8)

Vol123■信州まつもと空港からの就航地情報(北海道編8)

北海道からの情報“第8弾”。今回は、北海道を代表する温泉地の話題です。

北海道のたからもの~北海道遺産~
“温泉のデパート”といわれる名湯
「登別温泉地獄谷(登別市)」

北海道を代表する温泉地・登別(のぼりべつ)温泉。その最大の特徴は、硫黄泉や食塩泉、鉄泉、明ばん泉など11種類もの温泉が湧出していること。その種類の多さから「温泉のデパート」とも言われています。


立ち上る白煙と赤茶けた山肌が幻想的な地獄谷の風景


「地獄谷」は、その最大の源泉です。約1万年前、活火山が噴火した時に生まれた爆裂火山口跡で、直径450m、面積11haの谷底には“大地獄”をはじめ、昭和、剣山、硫黄などの名のついた大小15の“地獄”があり、ここから成分の異なる湯が毎分3000リットルも噴き出し、温泉街の旅館やホテルに給湯されています。

「登別」の語源はアイヌ語の「ヌプルペッ(白く濁った川・色の濃い川)」に由来します。210年前にこの地を訪れた探検家・最上徳内(もがみとくない)の『蝦夷草紙』の中には「ノボリベッという小川有り、この川上に温泉湧き出て、流れ来るため白粉と紺青をかきたてるが如し、一日も水底の見ゆる事なし」との記述も見られ、当時から豊富に温泉が湧き出ていたことがわかります。


近年はとくにアジアなど海外からの観光客も増加している

本格的な冬の寒さの中、今年も全国から温もりを求めて多くの人が登別の地を訪れます。

詳しくはこちら
北海道遺産(パソコン用)
☆北海道の最新情報をお届けするメールマガジン「Do・Ryoku」の登録はこちらから!(パソコン用)

【お問合せ先】
北海道総合政策部知事室広報広聴課
TEL:011-204-5110

☆信州まつもと空港からフジドリームエアラインズ(FDA)のジェット機で北海道へ行ってみませんか。
信州まつもと空港についてはこちら≫(パソコン用)

このブログのトップへ