楽園信州

信州の旬情報をお届け!

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 楽園信州 > ■就航地情報 > Vol167■“信州まつもと空港からの就航地”北海道情報19

Vol167■“信州まつもと空港からの就航地”北海道情報19

今回は、冬の北海道を象徴する「流氷」の話題です。

北海道のたからもの~北海道遺産~
オホーツク沿岸に幸を運ぶ冬の使者「流氷とガリンコ号」

流氷を砕きながら進む「ガリンコ号Ⅱ」と
氷海展望塔「オホーツクタワー」(紋別市)

オホーツク海の北部、シベリア大陸の沿岸部で、海水が凍結して最初の「海氷」が生まれます。「海氷」は、凍る範囲を広げ、「流氷」となって、オホーツク海沿岸へ漂流してきます。


流氷は、浜を閉ざしてしまうため、かつては地域の人や漁業者にとって“邪魔者”とされていました。しかし、漁業にとって必ずしもマイナスなものではなく、漁場を豊かにする種々のプランクトンを運んできたり、雑草藻を除去する役割をもつなど、プラスの作用があることが明らかになってきました。

北海道の北東部、オホーツク海沿岸に位置する「紋別(もんべつ)市」は、「流氷国際都市」を宣言し、世界各国の流氷研究者が集うシンポジウムを開催するなど、「流氷研究のメッカ」といわれています。
巨大なドリルで流氷を砕きながら進む紋別市の「ガリンコ号」は、アラスカの油田開発用の実験船を用いた世界初の流氷砕氷船でした。現在は、夏もクルージングが楽しめる「ガリンコ号Ⅱ」がその後を受け継ぎ、網走(あばしり)市に就航した「おーろら」号とともに、1月から3月の流氷観光を担っています。

詳しくはこちら
北海道遺産HP(パソコン用)

☆北海道の最新情報をお届けするメールマガジン「Do・Ryoku」の登録はこちらから!(パソコン用)

☆道内各地の「旬」な話題をお届け!北海道庁ブログ「超!!旬ほっかいどう」はこちら!
パソコン用携帯用

【お問合せ先】
北海道総合政策部知事室広報広聴課
TEL 011-204-5111

☆信州まつもと空港からフジドリームエアラインズ(FDA)のジェット機で北海道へ行ってみませんか。
信州まつもと空港についてはこちら(パソコン用)

このブログのトップへ