楽園信州

信州の旬情報をお届け!

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 楽園信州 > ■四季彩だより~信濃の国から~ > Vol167■読まなきゃチョーソン市町村(飯山市)

Vol167■読まなきゃチョーソン市町村(飯山市)

「いいやま雪まつり」開催!(飯山市)


長野県の最北部に位置する飯山市は、日本有数の豪雪地帯。“雪国いいやま”ならではの雪を楽しむイベント「いいやま雪まつり」が、2月11日(土・祝)・12日(日)の両日開催されます!

飯山雪まつりメイン会場


一年で一番寒い時期に行われるにもかかわらず、毎年5万人を超える来場者で賑わうこのイベントは、今年でちょうど30回目を迎えます。
何と言っても一番の見どころは、市民が趣向を凝らして手作りした「雪像」。大小様々な約200体の雪像が、メイン会場となる「城北グラウンド」を中心として市内各所に立ち並び、訪れる人の目を楽しませます。
さて、今年は一体どんな雪像が登場するでしょうか??

雪像:大黒
雪像:ふくろう

メイン会場では、飯山の伝統芸能も披露されます。
勇ましい掛け声と共に雪の中を練り歩く「雪中御輿」は、全国でも珍しいもの。しかもこの御輿、飯山が誇る伝統的工芸品「飯山仏壇」の技術の粋を集めて作られたものなんですよ。

☆飯山仏壇についてはこちら(パソコン用)

雪中御輿

また、夜間に行われる「奈良沢大天狗の舞」も見逃せません。飯山の奈良沢地区に伝わる300年以上の歴史をもつ伝統芸能で、「天狗」が3m近くある巨大な松明を振り回しながら勇壮に舞います。夜の闇の中に、まぶしいほどの真っ赤な炎と真っ白な雪が浮かび上がり、あたりは幻想的な雰囲気に包まれます。

奈良沢大天狗の舞

この他、メイン会場では、巨大な雪の滑り台や特設ステージでのコンサート等、楽しい企画が盛りだくさん♪ 特産品や郷土料理などの出店もありますよ。生産量が少なく地元以外ではほとんど流通していない飯山産「みゆきポーク」を使用した「タレ串カツ丼」は、会場だけの限定販売!ぜひご賞味ください。

皆さんのお越しをお待ちしています!

いいやま雪まつりについて詳しくはこちら
 いいやま雪まつり実行委員会HP(パソコン用)

■耳より情報
2月11日・12日には、市内信濃平地区で「かまくら祭り」も開催されます。広々とした雪原に出現する「かまくらの里」で、雪国ならではの生活を体験してみてはいかが?

☆かまくら祭りについて詳しくはこちら
 信濃平観光協会HP(パソコン用)
 あわせてこちらもご覧ください。
 週刊信州Vol.73 読まなきゃチョーソン市町村(パソコン・携帯兼用)

1 2

このブログのトップへ