楽園信州

信州の旬情報をお届け!

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 楽園信州 > ■就航地情報 > <VOL.194>”ふじのくに”静岡県情報

<VOL.194>”ふじのくに”静岡県情報

“ふじのくに”静岡県情報(その23)
昼間の蝉しぐれから夜には虫の音が聞こえ始め、
秋の気配を少しずつ感じるようになってきました。
秋と言えば行楽シーズン! 今回は静岡県を走る各鉄道の話題です。
さあ!列車に乗って 出発進行 ~~♪♪♪

♪静岡県の鉄道の旅♪

静岡県を走る鉄道路線といえば、東西を横断するJR東海道線ですが、静岡にはそれ以外にもいろいろな鉄道があるんです。


アプト式鉄道(写真:静岡県観光協会)


大井川鉄道SL(写真:静岡県観光協会)

県の中部を走る大井川鉄道では、全国的にも珍しいSLが今でも現役で走行しています。
茶畑から渓谷まで、煙をたなびかせて走るSLは一度は乗ってみたい人気の乗り物。
「SLおじさん」や「SLおばさん」と呼ばれる個性的な車掌さんとのふれあいも楽しみのひとつです。

さらに大井川鉄道には日本唯一の「アプト式鉄道」という鉄道があります。
アプト式鉄道とはラックレールという歯型レールを使って急坂を登り降りする急勾配用の鉄道です。
アプトいちしろ駅から長島ダム駅の区間は普通鉄道日本一の急坂となっています!

静岡県が誇るリゾート地の伊豆には、その名も「リゾート21」という電車が走っています。
この電車は伊東から下田までの伊豆急行線を走る、「21世紀へ向かう鉄道車両へのひとつの提案」として昭和60年にデビューしたものです。
その車両は、座席配置を海側に向けたり、今まで運転士が独占していた先頭展望を活かしたり、乗って楽しい車両を目指し様々な工夫が盛り込まれています。


伊豆急リゾート21黒船(写真:静岡県観光協会)


天竜浜名湖鉄道

県の西部地域には、TV「ウォーターボーイズ2」のロケで使われて話題になった「天竜浜名湖鉄道」があります。
愛称は「てんはません」。
かわいらしい一両の車両がのどかな静岡の風景の中を走る姿は、忘れかけていた日本の原風景を思い起こさせます。
 
これら個性ある鉄道は、静岡の旅の思い出にきっと花を添えてくれることでしょう。
それぞれの沿線上のご当地グルメや個性的な駅舎も旅の楽しみのひとつですね。
アツアツの抹茶たい焼きや新鮮な海産物、県の景観賞を受賞したレトロな駅舎など、あなたのお気に入りをぜひ見つけてください!

1 2

このブログのトップへ