い~な 上伊那 2つのアルプスと天竜川からなる伊那谷の北部に位置し、雄大な自然に囲まれた上伊那地域。 この地域の自然、食、歴史や地域のがんばる人々など、私たち職員が見つけ、感じた上伊那の魅力と地域の活力を発信します。

い~な 上伊那

2つのアルプスと天竜川からなる伊那谷の北部に位置し、雄大な自然に囲まれた上伊那地域。 この地域の自然、食、歴史や地域のがんばる人々など、私たち職員が見つけ、感じた上伊那の魅力と地域の活力を発信します。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > い~な 上伊那 > 自然・山・花 > 中川赤そば花まつり ~ピンク色に咲く高嶺ルビー~

中川赤そば花まつり ~ピンク色に咲く高嶺ルビー~

 暑さ寒さも彼岸まで、とはよく言ったものです。

 やっと秋の話題が相応しい気候になってきました。

 そこで我々は、9月21日、中川村に出張の折、赤そば畑に立ち寄ることを思い付きました。

 その赤そば畑は、JR飯田線伊那田島駅のすぐ近くにあります。

 車で国道153号を南下した我々は、地元の方に教えていただいたとおりに「いげた屋さん」という食堂を過ぎてすぐのガソリンスタンドを右折し、すぐ左折、前沢川を渡ったところで側道から山に登ります。

 後は一本道。

 こんなところにあるのかな、といささか不安になりながら数分登ると…ありました。

 こちらが赤そば畑です。

 そば畑は一面きれいなピンク色に染まっています。
(※ ピークに向けて、徐々に赤みが増していくそうです。)

 どうですか?遠方の山々や木々とのコントラストが実に美しいでしょう?

 このそばは、「高嶺ルビー」という品種で、1987年に信州大学の氏原暉男教授(当時)が、ヒマラヤの標高3,800mのところに咲く、赤い花のそばを持ち帰り、タカノ株式会社(宮田村)と共同で品種改良したものです。

 その花が真紅に咲くことから、高嶺ルビーと名付けられたんですね。

 食べるそばとしては、特に変わった味がするわけではなく、特に観賞用として珍重されているそうです。

 ちょうどこの日は「赤そば花まつり」を開催中。

 看板には「9月中旬から10月中旬」が開催期間とありますが、今年は10月8日(月)までの開催。

 出店では、地元の特産品の他、ソフトクリームも売っています。

 そして、会場入口には、こんな気になる看板がありました。

———————————————————————–
中川赤そば花まつりにようこそ

1 2

このブログのトップへ