い~な 上伊那 2つのアルプスと天竜川からなる伊那谷の北部に位置し、雄大な自然に囲まれた上伊那地域。 この地域の自然、食、歴史や地域のがんばる人々など、私たち職員が見つけ、感じた上伊那の魅力と地域の活力を発信します。

い~な 上伊那

2つのアルプスと天竜川からなる伊那谷の北部に位置し、雄大な自然に囲まれた上伊那地域。 この地域の自然、食、歴史や地域のがんばる人々など、私たち職員が見つけ、感じた上伊那の魅力と地域の活力を発信します。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > い~な 上伊那 > 自然・山・花 > 百間ナギ ~道の駅から見える隠れた名所~

百間ナギ ~道の駅から見える隠れた名所~

 飯島町で会議があり、ある施設で待ち時間を過ごした時のことです。

 「百間ナギ?」

 窓際に中央アルプスの案内板があり、山の名前とともに、そう記してありました。

 しかし、あいにくの天気で「百間ナギ」(ひゃっけんなぎ)とやらは確認できず。

 後日、ビューポイントであるという「花の里いいじま」に行ってきました。

 

 「花の里いいじま」は、皆さんもよくご存じのとおり、上伊那地域に2か所しかない道の駅の一つで…

 馬肉のおやきも楽しめる農産物直売所を始め…

 馬肉のどんぶりが味わえる御食事処「みよし」さんや…

 すずらんソフトも味わえる手作りパンの店「ブレッドいいちゃん」さんなどが並ぶ人気のスポットです。

 そんな道の駅の背景に… ほら、見える。

 建物の向かって左奥ですよ。

 一番左が南駒ヶ岳で、真ん中が田切岳。その間にあるのが「百間ナギ」です。 

 与田切川の源流にあたるこの地は、大きく窪む氷河地形「すり鉢窪カール」の手前にある堆積物が崩れ大崩壊地を形成。

 この崩壊地の礫層は厚さ60m以上で、日々、土砂の流出を繰り返しているそうです。

 私が撮った写真は夏の風景ですが、これからの季節、雪で覆われた百間ナギは、こんな姿を見せてくれるようですよ。


 ※ 飯島町役場の名刺の写真をお借りしました。 

 お天気が良くても、雲で隠れてしまうことが多く、私は3回目でやっと見ることができました。

1 2

このブログのトップへ