い~な 上伊那 2つのアルプスと天竜川からなる伊那谷の北部に位置し、雄大な自然に囲まれた上伊那地域。 この地域の自然、食、歴史や地域のがんばる人々など、私たち職員が見つけ、感じた上伊那の魅力と地域の活力を発信します。

い~な 上伊那

2つのアルプスと天竜川からなる伊那谷の北部に位置し、雄大な自然に囲まれた上伊那地域。 この地域の自然、食、歴史や地域のがんばる人々など、私たち職員が見つけ、感じた上伊那の魅力と地域の活力を発信します。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > い~な 上伊那 > 食・農・旅 > 辰野町の魅力発見!(1)~ほたるスイーツ~

辰野町の魅力発見!(1)~ほたるスイーツ~

上伊那スイーツの魅力発見隊Mです。

6月末、icon12ほたるicon12で輝いている辰野町のスイーツを探しに行ってきました。

ほたるをイメージしたもちもちのどら焼き 人気沸騰中!の”もちどら”(味香月堂)を紹介します。

駅前商店街を少し入った住宅街の一角に、隠れ家のような加工場があります。

加工場の入り口に、これまたカワイイ販売コーナーが。
椅子もあり、ちょっとしたお休みどころにも。

特別に中へ入れていただいて、少しお話を伺いました。

ちょうど、ほたるの焼印を押したもちどらの皮に小倉クリームを詰めているところでした。

手際よく、ぷっくりおなかの膨らんだほたるがどんどん誕生・・・。
もちどらは先代のお父様が十数年前に開発し、現在もその製法が守られています。
親子3世代、家族のみによる製造販売です。

昔は駅前の店舗で製造販売していましたが、現在駅前店はほたる祭りの時期だけの販売で、通常は今回お邪魔した加工場でのみ販売しているそうです。

もちどらは日持ちしないので、製造後すぐ冷凍されます。
解凍後30分ほど経過したものが食べごろで、遠方からお越しの際は保冷バックを持参してくださいとのことでした。

この店の一番人気は今回ご紹介したもちどらですが、他にもほたる饅頭、げんじぼたる饅頭、ほたる豆など、ほたるスイーツがいろいろ揃っています。

町中にオリジナリティあふれるicon12ほたるicon12が飛び交い、辰野ほたる祭りを盛り上げようという心意気が感じられました。

7月に入り梅雨が明け、ほたるの時期は過ぎてしまいましたが、今年見た方も、見れなかった方も、来年ぜひ辰野町でほたるをお楽しみください。

このブログのトップへ