い~な 上伊那 2つのアルプスと天竜川からなる伊那谷の北部に位置し、雄大な自然に囲まれた上伊那地域。 この地域の自然、食、歴史や地域のがんばる人々など、私たち職員が見つけ、感じた上伊那の魅力と地域の活力を発信します。

い~な 上伊那

2つのアルプスと天竜川からなる伊那谷の北部に位置し、雄大な自然に囲まれた上伊那地域。 この地域の自然、食、歴史や地域のがんばる人々など、私たち職員が見つけ、感じた上伊那の魅力と地域の活力を発信します。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > い~な 上伊那 > 農業改良普及センター > 電気柵で牧場へのニホンジカの侵入を防ぐ

電気柵で牧場へのニホンジカの侵入を防ぐ

上伊那農業改良普及センターのMです。
伊那市と富士見町の境、入笠山には入笠牧場があります。
夏の間、畜産農家から牛を預かって放牧するための牧場です。

近年ニホンジカが増加し、牧場にエサを求めてやってくるようになりました。
牛の食べるための牧草をシカが食べてしまうのです。
そこで、牧場内に侵入しようとするニホンジカの侵入を防ぐため、牛の放牧用の牧柵の外側90cm、高さ45cmの位置にリボンワイヤー電気柵を平成21年に設置しました。

雑草が繁茂すると、漏電して効果がなくなってしまうため、草刈りによる維持管理が重要です。
このたび野生鳥獣害上伊那対策チームとして、草刈りに行ってまいりました。


白い線がリボンワイヤーの電線です。この1本の電気柵が効果を発揮します。



牛たちは、涼しい山の上の広い放牧地で束の間の避暑です。

なんと!JA上伊那が管理するキャンプ場があり、人間も宿泊することができます。
詳しくはJA上伊那東部支所(0265-94-2473)へお問い合わせください。

このブログのトップへ