じょうしょう気流 「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

じょうしょう気流

「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > じょうしょう気流 > 商工観光課 > 上田合同庁舎1階県民ホール内にて、花火玉を展示しています!

上田合同庁舎1階県民ホール内にて、花火玉を展示しています!

こんにちは、商工観光課のOhanaです

約3か月ぶりの投稿になります。また皆さんのお目にかかれてうれしいです(一目惚れした絵文字)

この度、合同庁舎1階にある、県民ホールのショーケースに花火玉の展示を始めました!

同じく商工観光課のTさんと、せっかくの貴重な花火玉をかっこよく見せたいね!と、試行錯誤すること二日、、ようやく展示となりました!

花火玉は、上田地域唯一の煙火製造業者である、武者煙火工業株式会社さんからお借りいたしました。

昨年は、新型コロナウイルスの影響で、各地の花火大会の多くが中止となりました。

そんな中、上小地域では、新型コロナウイルスの影響で落ち込んだ地域を元気づけよう!と、花火を打ち上げるプロジェクトが企画されました。

展示した花火玉のデザインは、クラウドファンディングにて、協力してくださった皆さんへの返礼品として描かれたものです。

こちらは、アマビエが描かれた一尺玉です。

写真では伝わりづらいですが、一尺玉は大玉のスイカほどの大きさで、アマビエの絵も迫力があります。

よく見たら…アマビエさん、花火玉を持ってる・・・エモい(使い方合ってる?)

 

こちらは、五号玉です。

一尺玉に比べると、一見可愛いサイズの花火玉に見えますが、高さ約200m、直径約150mと迫力のある花火が打ち上がるんです!

ちなみに、一尺玉は高さ約330mまで打ち上がり、これは東京タワーに匹敵します。

 

ここでちょこっと豆知識

長野県で煙火産業が盛んになったのは、江戸時代からと言われています。(知らなかった~!

長い歴史のある県内の煙火産業ですが、現在、打上げ煙火生産額は全国2位、煙火製造業者数は全国1位という有数の花火生産地であり、花火技術は日本トップレベル、間違いなし!!

その高い技術が現在まで受け継がれ、花火は2019年、県の伝統的工芸品に指定されました。

そして武者煙火工業さんでは、自分だけのプライベート花火も打ち上げてくれるんです!

その名も「誰でもスターマイン」シャキーン

1 2

このブログのトップへ