じょうしょう気流 「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

じょうしょう気流

「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > じょうしょう気流 > 環境課 > チャレンジ800~長野県は一人一日あたりごみの排出量少なさ日本一!!

チャレンジ800~長野県は一人一日あたりごみの排出量少なさ日本一!!

こんにちは。環境課のAです。

10月下旬から11月上旬にかけて、上小地域で開催された3回の環境フェアの出展を終えました。

環境課は、「ごみ減量クイズ」を実施しました。

1問目は、このようなクイズでした。

2問目に比べて、「パネルを見ないと答えがわからない」とおっしゃる方が多かったように思います。

答えは、「チャレンジ800」。

一人一日あたりのごみ排出量822g(平成28年度実績)を800g以下にしようとする活動のことです。

”822g”は、日本一の少なさ。

長野県は、一人一日あたりのごみ排出量の少なさが3年連続日本一なのです。

*食品ロス問題専門家 井出留美さんの記事「全国一!なぜ長野県は全国で最もごみが少ないのか」
https://news.yahoo.co.jp/byline/iderumi/20180920-00097535/

800g以下にするには、あとミニトマト1個分減らすだけ。

ごみを減らすには、生ごみを乾燥させて捨てること、マイバック・マイ箸・マイボトルなどの利用、
コンポストの使用、必要なぶんだけの購入、ものを大切に長く使うこと、
食べ残しを減らすこと、バザー用品や古着の購入
など様々な方法が考えられます。

来年度も日本一を継続するため、また地球環境のために、心がけてみませんか。

参考 信州ごみげんねっと
https://www.pref.nagano.lg.jp/haikibut/kurashi/recycling/shigen/800.htmlhttps://www.shinshu-gomigen.net/activity/challenge800

このブログのトップへ