北アルプスCOOL便

北アルプス山麓に広がるこの地域の大自然はもちろん、 歴史、文化、おいしい食べ物など、さまざまな魅力を皆さんにお届けします!

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 北アルプスCOOL便 > その他 > つちのいえに行ってきました

つちのいえに行ってきました

12月のある冬の日。小谷村大網地区にある「つちのいえ」に行ってきました。

 

つちのいえ。

ご存知ですか。

土でつくられているお家ではありませんよ。

こんなに素敵なお家なんです。

image1

「つちのいえ」は、小谷村大網地区にある「大網農村体験交流施設」の愛称です。

「つちのいえ」という名前には、「ここに集う人々が種をまき、芽を出し、成長していく学びの場になること。ここに暮らす人々が、しっかりと根をはり、力強く生きていけるように。」という思いが込められています。

この愛称は、集落・地域から募集をしたそうです。

すてきな名前ですね。

 

この集落では、地域の女性たちが伝統食である「栃もちの製造・販売」に取組んでいたそうですが、高齢化や施設の老朽化等により、平成23年から休止状態となっていました。

 

そこで、小谷村が空き家だった民家を改装し、栃もち工場と農山村体験交流施設として平成26年6月に建設されたのが、「つちのいえ」です。

 

都会から移住してきた4名が構成する団体「くらして」の皆さまが指定管理者としてこの建物の運営をしています。

 

この「つちのいえ」では、栃もちの製造・販売のほか、様々なワークショップなど、小谷村村外の方々との交流イベントが行われています。

先日は、地元の方々を講師に、栃もちづくりのワークショップが行われたようですよ。

また、地域の中のお茶会の場にもなっているようです。

 

また、宿泊することもできるんです!

 

お部屋はこんな感じです。

1 2 3

このブログのトップへ