北アルプスCOOL便 北アルプス山麓に広がるこの地域の大自然はもちろん、 歴史、文化、おいしい食べ物など、さまざまな魅力を皆さんにお届けします!

北アルプスCOOL便

北アルプス山麓に広がるこの地域の大自然はもちろん、 歴史、文化、おいしい食べ物など、さまざまな魅力を皆さんにお届けします!

明日は我が身。避難所設営訓練

どうも。総務管理課県民生活係の者でございます。

近頃めっきり寒くなりましたね。

年を取る毎に寒さに弱くなってきていることを切実に感じております。

 

先日の台風19号、長野県内に甚大な被害を及ぼし、未だに大勢の避難者がおります。

被災された皆様には改めてお見舞い申し上げます。

近年このような状況が全国各地で発生し、“避難”というものは、もはや他人事ではなくなってきています。

大規模災害発生の際、行政は人命救助や情報収集等の業務に追われ避難所に人員を割けない場合もあります。そのようなケースでは、実際に避難された方々がご自身で避難所の開設・運営をやるしかないのです。

そこで、

10月26日(土)に避難所運営マニュアルによる防災訓練が池田町高瀬中学校体育館で実施されました。

この訓練は、各市町村で策定している“避難所運営マニュアル”に基づいて、実際の避難者となる地域住民の方々が避難所の開設から運営を実施することでそのマニュアルの有効性を検証するものです。

 

 

当日は、池田町の自主防災会の方を中心とする約80名の方々が訓練に参加していただきました。

今回は、参加者が4グループに分かれて8つの避難所設営に関する項目を少人数でローテーションしながら体験するというものです。

 

 

 

①総務班、避難者管理班、情報班の訓練です。

ここでは避難者の正確な情報を収集し、それを市町村に伝え、市町村等からの情報を避難者に伝える非常に重要な役割になります。(ちなみに、避難所設営において重要でない役割はございません。)

そのため訓練参加者からは、受付様式には載っていないこと(アレルギーの有無など)も避難者に確認した方がいいのではないかなど積極的に意見や質問がなされていました。

訓練に取り組む姿勢がすばらしいですね!!

 

1 2

このブログのトップへ