南信州お散歩日和

南信州は、広い長野県の南端に位置しています。やわらかい方言が使われ、人も土地柄も温かく穏やかな当地域には、 各所に温泉があり、賑やかなお祭りもたくさんあります。 この地域ならではの魅力を職員がお伝えしていきますので、 南信州にどうぞおいでなんしょ!

真夏のタマネギ??

南信州農業改良普及センターです。

 

さっそくですが、皆さんはタマネギを栽培したことはありますか??

県内では、通常は11月頃植えつけて春を待ち、梅雨頃に収穫するタマネギですが、

春になってから植えつけて、真夏(7~8月)に収穫するという作り方があります。

 

洋食では使わない料理はないと言われるほど、一年中需要のあるタマネギです。

そこで南信州ではなるべく長く収穫できるよう、

飯田市農業振興センターが中心となって真夏どりの試験を3年前から進めています。

 

この栽培ができれば、春先まで葉物野菜など別のものを栽培し、その後タマネギを作るという事も可能になります。

 

しかし涼しい機構を好むタマネギなので、真夏に栽培するのはやはり工夫が必要なようで…。

 

梅雨明けからの暑さで生育が止まってしまったり、腐ってしまったり・・・。

これまでは課題だらけでした。

 

さて今年はどうでしょうか・・・。

 

 

 

P1170864

雨の中も、真剣に調査です。

 

 

 

 

P1170880

お!

 

 

P1170908

おおお!!

 

一緒に10円玉が写っていますので、サイズがお分かりでしょうか!?

今年は7月当初までは、とても順調そうです。

大きいものでは直径8cmくらいのものも!

 

葉っぱもしっかりしており、これからの太りも期待できそうです。

 

しかし暑さの本番はこれから、油断はできません。

7月末~8月の収穫に向けて、経過を見守り、

おいしいタマネギができるよう、取り組んでいきます。

LINEで送る

このブログのトップへ