「旬」の宅配便~佐久っと通信~ いつでも新鮮! 職員が見つけた佐久地域の「旬」の魅力をお届けします。 どうぞ、さくっと見てください。

「旬」の宅配便~佐久っと通信~

いつでも新鮮! 職員が見つけた佐久地域の「旬」の魅力をお届けします。 どうぞ、さくっと見てください。

長野県魅力発信ブログ > 「旬」の宅配便~佐久っと通信~ > わたしたちの仕事 > 佐久地域移住体験ツアーを実施しました!(その2:立科町)

佐久地域移住体験ツアーを実施しました!(その2:立科町)

※2月4~5日に行われた「佐久地域移住体験ツアー」の様子を4回に分けてお伝えしています。
この記事では、1日目午後の立科町での様子をお伝えします。

立科町
小海町から移動すること1時間、次の目的地である立科町に到着しました。
まず町の「移住体験住宅を見学したのですが、中を見て参加者の方が一言

「広くてきれい!」

それもそのはず、この移住体験住宅は平成28年4月から利用開始されたものであり、 完成してまだ1年も経過していません。住宅地のなかにありますが駐車場も広く、明るい日差しが窓から注ぎ込まれて、立科町の生活環境の良さが実感できます。
徒歩5分圏内に地元スーパーのツルヤやコンビニエンスストアがあり、買い物にも困りません。

⑤DSC05295
移住を検討している方であれば、最大1週間無料で宿泊体験(寝具や生活用品は要準備)ができます。ダイニングキッチンやこたつも完備されており、 暖房もエアコンやヒーターが完備されていてぬかりがありません。
(それでも佐久地域の寒さは強烈なのですが、寒さを体験するのも今回のツアーの醍醐味です!)
今回参加する4世帯のご家族のうち、1世帯のご家族は今回こちらの移住体験住宅で宿泊しました。
移住体験住宅の詳細はこちらから!

保育園児童館といった子育て施設も見学しました。
IMG_3822

立科保育園の講堂で町職員が説明していますが、写真左上側にかかっている大きい写真、
どこかで見覚えがないでしょうか?(小さくてすみません…)

実はこの保育園の園歌をシンガソングライターの松任谷由実さんが作詞作曲しているのです!
皆さん「あのユーミンが!?」といった表情をしていました。
立科中学校の生徒と縁があったところから、園歌の制作という話になったとのことです。

都会では保育園を第8希望まで記入することもあり、現実的に通うのが難しい園でも全て記入しなければならないという参加者の方の話を聞くと、保育園事情が地方と都会で全く違うことがわかります。
     
保育園からバスで移動すること3分、児童館に到着しました。
子育て施設同士が近いのは、小海町と同じく立科町の魅力ですね。    


児童館では、バスの中で大人しくしていた子どもたちがここぞとばかりに大はしゃぎ!
保育士資格を持つ職員の方が面倒を見てくださるので安心です。
子どもたちは、この日遊んでいた地元の子たちとすぐに仲良くなりました。
都会では伸び伸び遊ぶことが難しく、広い遊び場を見ると自由に体を動かしたい気持ちになるのかもしれません。
⑥DSC05307
その頃大人たちは、地元の子育てママたちとトークミーティングに参加しました。 ⑦DSC05309
参加された地元の子育てママは、全員県外出身で結婚を機に立科町に来た方々なので、 客観的に立科町の良さをお話していました。
お子さんと道を歩いていると、知らないおじいさんやおばあさんに「元気かい?」と話しかけられたり、野菜や果物をもらったり、数値化できない良さがあることがわかった一方で、地域の行事数が多くて参加が大変だったり、最初は地元に溶け込むのに苦労したという声も聞かれました。
参加者の方にも現在の子育て環境をお話してもらい、泥遊びや自転車の練習にも周囲に気を遣う環境だから、子どもは伸び伸び遊んで育ってほしい、温かい人間関係の中で子育てをしたいという声が聞かれました。
お互いの思いを話す中で、参加者の方々も、長野県に移住して子育てをするイメージが浮かんできたようでした。

夜は立科町の「移住体験住宅、地元の農家のお宅に「農家民泊しました。
農家民泊では地元の方から大歓迎!

⑧DSC05321
参加者の方はおいしい食事を食べながら、佐久地域での暮らしぶりや子育て環境の良さなどを住民の方に尋ねていました。同世代のお子さんがいて、すぐに仲良く遊んでいるお宅もありました。
今回の農家民泊では立科町の「まちづくり協議会ユーユーたてしな」にご協力いただき、普段は外国人大学生を泊めている農家の方にご協力いただいて参加者の方を受け入れていただきました。

また希望した参加者の方は、立科中学校で開催した「星空観賞会にも参加しました。 ⑨DSC05329
佐久地域は晴天率が高く、空気が澄んでいるので星がすっきり見えます。
当日も月明りの中でも星も綺麗に見え、 講師の方の楽しい説明もあって参加者の方は星空に見入っていました。
「600年前に発せられた光が、今この瞬間地上に到達しているんです。」という説明を聞いたときは、ロマンを感じてしまいました。

ただ冬の夜の冷え込みも厳しかったようで、予定よりも早く宿泊場所に戻りました。
昼間元気に遊びまわっていたお子さん達も、佐久の厳しい寒さは大変だったようです。 特に足からくる寒さは普段以上に辛いものでした。

盛りだくさんだった1日目はこれで終了です。
続きは「佐久地域移住体験ツアーを実施しました!(その3:小諸市)」をご覧ください。

★立科町(たてしなまち) 移住相談先
立科町企画課 TEL:0267-56-2311(代表)
http://www.town.tateshina.nagano.jp/category/1-16-6-0-0.html

LINEで送る

このブログのトップへ