「旬」の宅配便~佐久っと通信~ いつでも新鮮! 職員が見つけた佐久地域の「旬」の魅力をお届けします。 どうぞ、さくっと見てください。

「旬」の宅配便~佐久っと通信~

いつでも新鮮! 職員が見つけた佐久地域の「旬」の魅力をお届けします。 どうぞ、さくっと見てください。

山んちゅ、浅間山周遊登山したってよ

こんにちは、商工観光課の山んちゅです。

みなさん、浅間山周遊登山をしたことがありますか?

現在、浅間山は噴火警戒レベルが2となり、山頂までのぼることができません。

そこで、佐久地域振興局では浅間山の新たな魅力を体感してもらうため、二つの登山口(黒斑コース登山口と火山館コース登山口)を結ぶ周遊登山を推進しています!

 

しかし、二つの登山口から周遊登山をしようと思うと、車2台で来ないと難しいですよね・・・

この課題を解決するため、こもろ観光局が土日祝日に浅間山周遊バスを運行しています!

(小諸交流会館(小諸駅)→天狗温泉浅間山荘(火山館コース登山口))

(天狗温泉浅間山荘(火山館コース登山口)→高峰高原ホテル(黒斑コース登山口))

(高峰高原ホテル(黒斑コース登山口)→天狗温泉浅間山荘(火山館コース登山口))

(高峰高原ホテル(黒斑コース登山口)→小諸交流会館(小諸駅))

詳しくはこちらをご覧ください→≪公式HP

 

というわけで、山んちゅ、6月24日に周遊バスを利用して周遊登山をしてきました!その様子をお伝えします。

今回は黒斑コース登山口(高峰高原)から出発し、黒斑山、蛇骨岳、仙人岳、Jバンドを降りて火山館コース登山口まで下るコースを歩きました。

登山マップ_LI

当日の朝、高峰高原からはきれいな雲海が見えました!

1雲海2雲海

登山計画書を登山ポストに入れて、いざ出発です!

このコースは黒斑山までは急な登りとなっています。

長い階段?を登っていくと、槍ヶ鞘で一気に視界が開けて、目の前に浅間山が現れます!

4槍ヶ鞘

トーミの頭を過ぎて、黒斑山から蛇骨岳に向かう途中、浅間山と鋸岳のきれいな景色が見れます。

6黒斑山から蛇骨岳

蛇骨岳に到着すると、佐久盆地や群馬県嬬恋村側が一望できます。

7蛇骨岳8蛇骨岳からの長野原 (2)

仙人岳やJバンドに向かうまでの道は景色がよく、気持ちのいい尾根歩きです。

9仙人岳に向かう途中10仙人岳に向かう途中

Jバンドでは落石の危険があるため、ヘルメットの着用を推奨しています。
ヘルメットは浅間山の登山口にある「天狗温泉浅間山荘」「高峰高原ホテル」「高峰温泉」「高峰高原マウンテンロッジ」「高峰高原ビジターセンター」等で無料貸出しをしています。
浅間山に登る時には、ぜひ、活用してくださいね。

12Jバンド13Jバンドからの景色

15Jバンド(Jバンドは崖の下を見ないほうがいいです・・・(笑))

 

Jバンドを下ると浅間山が目の前です!

16カラマツ17黒斑山とか

こちらは浅間山が噴火した際に飛んできた溶岩だそうです。あかいっ!

18噴石

ここから火山館コース登山口までは下りとなっています。

草花や不動の滝を眺めながら森林浴を楽しめます。

22不動の滝

23火山館コース登山口

無事、火山館コース登山口まで到着しました。

15:30発の浅間山周遊バスまで少し時間があったので、天狗温泉浅間山荘の温泉を利用させていただきました。疲れが癒されました~!≪公式HP

浅間山周遊バスで高峰高原ホテル(黒斑コース登山口)まで戻りました。≪公式HP

今回のコースは登りあり、下りあり、景色も最高!といいとこ尽くしなので、皆さんもぜひ浅間山周遊バスを活用して、この魅力を体感してみてください!

 

おまけ

今回出会った生き物たちです。こちらをじーっと見つめるカモシカ!

様々な動植物に出会えるのも浅間山の魅力の一つですよね。

かもしか.cleanedきつねCIMG1890CIMG1891CIMG1893CIMG1901CIMG1914

CIMG1931CIMG1942CIMG1960CIMG1974CIMG1982CIMG1983CIMG1989

 

LINEで送る

このブログのトップへ