「旬」の宅配便~佐久っと通信~ いつでも新鮮! 職員が見つけた佐久地域の「旬」の魅力をお届けします。 どうぞ、さくっと見てください。

「旬」の宅配便~佐久っと通信~

いつでも新鮮! 職員が見つけた佐久地域の「旬」の魅力をお届けします。 どうぞ、さくっと見てください。

長野県魅力発信ブログ > 「旬」の宅配便~佐久っと通信~ > 佐久のいい景色 > 深緑の白駒の池と苔の森に行ってきました!

深緑の白駒の池と苔の森に行ってきました!

DSC02935
こんにちは。佐久地域振興局のおかずです。 梅雨の季節を迎えましたが、6月はまだ本格的な梅雨空ではなく青空がのぞく日も多いですね。そんな梅雨の晴れ間に、佐久穂町と小海町の境にある白駒の池と苔の森を訪ねてきました。

DSC02938
中部横断自動車道佐久南インターチェンジから国道141号と国道299号を通って約1時間、麦草峠の手前に白駒の池と苔の森があります。 国道299号沿いにある有料の駐車場(普通車:500円)に車を停め、さあ、ここから徒歩で白駒の池を目指します。 この季節、国道299号は交通量が多いので、自動車に気を付けながら道路を渡ります。

 

DSC02913
白駒の池へは、苔の森の中を通って向かいます。 森の中に入ると空気がひんやりしていて、下界の蒸し暑さをすっかり忘れさせてくれました。

 

DSC02915 コケ森
日本には1600種類を超える苔が生育していると言われていますが、この苔の森を含め八ヶ岳山麓には500種類近くの苔が生育していることから、この白駒の池周辺の苔の森は学術的にも大変貴重で、日本蘚苔類学会から「日本の貴重なコケの森」に選定されています。 私は苔のことは詳しくないので、苔を見てもその苔の名前は全く分かりませんでしたが、いろんな種類の苔が自生していて、原生林とのコントラストがとても幻想的でした。

 

DSC02934
森の中を15分ほど歩いていくと、林の先に池が見えてきました。白駒の池に到着です。

白駒の池は標高2,115メートルの地点に位置し、標高2,000メートル以上の高地にある湖としては、日本一大きな湖だそうです。白駒の池の水はとても清らかで、その透明度は5.8メートルにも及ぶそうです。

 

DSC02922 DSC02919
湖畔には2軒の山小屋があり、食事を取ることもできます。湖畔のテーブルで湖を眺めながら、コーヒーを飲むのもいいですよね。

 

DSC02928
ところで皆さん、最近JRの駅であの有名な女優さんが林の中でルーペで何かを観察しているというポスターを見かけたことはありませんか。

すでにご存知かもしれませんが、あのポスターの撮影、ここ苔の森で撮影されたんです。ということで、森の中を歩いていると、その撮影スポットらしき場所を見つけました。上の写真とポスターを見比べてみて・・・どうですか?そんな感じがしますよね。

もちろん、この場所は遊歩道の横で立ち入り禁止の場所ではないので、自由に撮影ができました。

でも、森の中には貴重な植物が多く自生しています。ロープが張ってある場所では、中に入らないようにお願いします。

 

DSC02933 DSC02918
時間のない方は、白駒の池に着いたら湖畔の風景を楽しんで元のルートを戻れば、おおよそ1時間の所要時間となりますが、時間に余裕のある方はぜひ湖を1周するルートを散策してみてください。ゆっくりと苔を観察しながらでも、2時間もあれば駐車場に戻ることができます。森の苔も、湖も見る場所によって違う表情を見せてくれますよ。

 

DSC02937
駐車場に戻ると、もうお昼時なのに売店の寒暖計は19.5度。森の中での体感温度はさらに2~3度は低かったです。この日の佐久市の最高気温は30度でしたから、さすが、高原の気候は申し分なしでした。

 

今回は初夏の白駒の池を訪れてみましたが、紅葉の季節の白駒の池はまた格別です。四季それぞれに違った表情を見せる高原の風景を、皆さんも楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

なお、最近は白駒の池の知名度も上がり、週末は駐車場に入る車の列で、渋滞が発生することもあります。今年は信州デスティネーションキャンペーンや、先ほどご紹介した有名女優さんのテレビコマーシャルの効果もあり、例年以上に多く皆さんが訪問することが予想されます。このため、今年の7月1日から10月31日までの4か月間、白駒の池駐車場周辺で交通規制などの対策が行われます。週末にはシャトルバスの運行もありますので、混雑時にはぜひ公共交通機関をご利用ください。

なお、交通対策の詳しい情報はこちらをご覧ください。

 

 

 

 

 

 

LINEで送る

このブログのトップへ