自然と遊ぼう!ネイチャーツアー

~自然に触れる、学ぶ、そして守る~ 自然環境や生物多様性、自然体験型ツアーについての情報をお届けします。

長野県魅力発信ブログ > 自然と遊ぼう!ネイチャーツアー > 「みんなで信州の山岳を守ろう!」 > 平成28年7月29日~31日 「ヤマケイ涸沢フェスティバル2016」において『みんなで信州の山岳を守ろう!』を呼び掛けました。

平成28年7月29日~31日 「ヤマケイ涸沢フェスティバル2016」において『みんなで信州の山岳を守ろう!』を呼び掛けました。

みなさん、こんにちは!!

自然保護課ブログ担当のハヤマユです。

 

「みんなで信州の山岳を守ろう!」

~山への恩返しプロジェクト~実施中!!

 

平成28年7月29日(金)~31日(日)に松本市上高地徳沢において、「ヤマケイ涸沢フェスティバル2016」が開催されました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

自然保護課では、7月24日(日)に開催された「信州 山の日」フェスタin原村に引き続き、『みんなで信州の山岳を守ろう!』キャンペーンとして、長野県が策定した「山岳の環境保全と適正利用の方針」(H28.3)の具体的な取組を推進するため、最近多くの登山者が利用する登山用ストックにキャップ(外れにくいキャップ等)の着用などを呼び掛けました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

利用者の皆さんの配慮を行動に移していただくために登山用ストックを使用する際は、ストックの先端にはキャップを付けることや動植物を傷つけないなど234名の方に「信州の山岳を守ろう宣言」をしていただきました
宣言内容

私は、雪上以外で登山用ストックを使う場合は、先端部にキャップを付け登山道の洗掘を防止します。(外れにくいキャップを使用します。)

私は、登山道(遊歩道)以外への立入はしません。

私は、動植物を傷つけません。また、動植物や石などは持ち帰りはしません。

私は、登山をする際は、安全に配慮した行動を心がけます。

宣言台紙

宣言をしていただいた方には、長野県PRキャラクター登山バージョンの「アルクマ」ピンバッジをプレゼントしました
みんなで信州の山岳を守ろう!バージョンの台紙で特注です。ピンバッジ台紙は、有限会社 BIG WAVEさんのご協力により作成していただきました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

【登山バージョン「アルクマ」ピンバッジ】

 

長野県内には、美しい自然景観が数多く残されています。長野県内の山岳など多くの地域が自然公園に指定されており、自然や動植物を保護しながら皆さんに自然に親しむ機会を持って休養していただくために利用と保護を棲み分けています。

自然公園内では、動植物の採取及び捕獲、石の持ち帰りなど自然公園法で罰せられる場合もあります。

長野県内の自然公園は、5つの国立公園(中部山岳国立公園、上信越高原国立公園、秩父多摩甲斐国立公園、南アルプス国立公園、妙高戸隠連山国立公園)、3つの国定公園(八ヶ岳中信高原国定公園、天竜奥三河国定公園、妙義荒船佐久高原国定公園、6つの県立自然公園(中央アルプス県立公園、御岳県立公園、三峰川水系県立公園、聖山高原県立公園、天竜小渋水系県立公園、塩嶺王城県立公園)が指定されています。長野県内の自然公園の総面積は約28万haあり、県土の約21%全国3位の広さを誇っています。

今回涸沢フェスティバルが開催された上高地も中部山岳国立公園に指定されている場所です。

上高地は、バスで気軽に行ける観光地でもありながら原生的な風景に感動します。今回の会場も上高地のバスターミナルから歩いて2時間程トレッキングを楽しみながらできる場所です。皆さんも、是非お越しください。

DSC_0024OLYMPUS DIGITAL CAMERADSC_0044

 

 

 

 

 

 

 

 

LINEで送る

このブログのトップへ

CLOSE