自然と遊ぼう!ネイチャーツアー

~自然に触れる、学ぶ、そして守る~ 自然環境や生物多様性、自然体験型ツアーについての情報をお届けします。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 自然と遊ぼう!ネイチャーツアー > その他 > 「信州 山ガール」に挑戦!!オトメ☆初の『ジビエに挑戦』

「信州 山ガール」に挑戦!!オトメ☆初の『ジビエに挑戦』

こんにちは、信州 山ガールに挑戦中のオトメ☆に密着取材中のはやまゆです。

  この度、はやまゆはごく一部のご声援を受け「オトナ☆コーポレーション」を名乗ることとしました。これはもちろん「大人A○B」のパクリです。(笑)「信州山ガール」の企画が終了するまでの期間限定で、なおかつブログにしか登場しません!残り1ヶ月間ではありますが温かいご声援を宜しくお願いします

  さて、「オトメ☆の挑戦『信州 山ガール』」プロジェクト第2弾として、オトメ☆メンバーの比留川知絵さんは、ジビエを体験するため長野県南部の泰阜村を訪れました。

 信州の山は、様々な人たちに守り育てられています。今回はその中の一つジビエに取り組む方との出会い、その方たちの取組の体験から山の恵みを感謝していただくことを学んでもらいました。

O
 

  私もジビエは初体験、比留川さんと同じくワクワクドキドキです

  今回のジビエ体験でお世話になったのは、地域おこし協力隊員で女猟師(狩ガール)の井野春香さん。狩猟のことや鹿革を使った小物づくりを教えていただきました。また、ベテラン猟師の畑野今朝登さんにわなの設置と畑野さんの奥様にはシカ肉を使った料理作りを教えていただきました。

 中々味わえないとても貴重な体験です。

  ところで皆さん、ジビエって何かご存知ですか?

 ジビエって、狩猟で捕獲された野生鳥獣の肉のことだそうです。最近どうしてジビエって注目されるようになったのでしょうか?それを最初にお勉強です

  猟師の畑野さんと井野さんからお話をお聞きしました。

 初めてジビエを体験する比留川さん興味津々で聞いています。

zibie2O
 
   野生鳥獣による農林業被害が深刻で特にニホンジカの被害が多い

   県内のニホンジカの生息数は増え、生息エリアも広がってきているそうです。この前の霧ヶ峰でも教えていただきましたが、鹿は木の皮を食べるため木を枯らし、貴重な高山植物も食べつくしてしまい、自然環境への影響は深刻な状況です。

 そのため生態系を維持するためには一定程度の鹿を捕獲する必要があり、ハンターによりかなりの頭数が捕獲されるようになりました。

   しかし、中山間地域ではハンターの高齢化が進み、後継者不足に悩まされるなど、捕獲では大変苦労しているとのことです。

 また、狩猟で捕獲しても食肉として利用されているのはたったの5%だそうで、ほとんどの鹿は埋められているそうです。そこで捕獲されたシカを自然からいただいた恵みとして有効に活用するため、県ではジビエ振興の取組を展開しています。比留川さんも捕獲されたシカが生かされていない現状を聞いて複雑な心境です。

  そのような現状を目のあたりにした井野さんは、少しでも地域の役に立てばということで猟師免許を取得し猟友会に入り活動しています。また、捕獲した鹿の皮を有効に利用するため、「けもかわプロジェクト」を誕生させたそうです。地域ではハンターの高齢化も進んでいて後継者不足に悩まされていますが、井野さんのような若い女性が「狩りガール」として参加することで新しいアイデアが生まれたり、地域の活力になっています。

1 2 3 4

このブログのトップへ