自然と遊ぼう!ネイチャーツアー

~自然に触れる、学ぶ、そして守る~ 自然環境や生物多様性、自然体験型ツアーについての情報をお届けします。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 自然と遊ぼう!ネイチャーツアー > その他 > 「信州 山ガール」に挑戦!!オトメ☆初の『ジビエに挑戦』

「信州 山ガール」に挑戦!!オトメ☆初の『ジビエに挑戦』

 泰阜村はこのような熱心な取組もあり、捕獲数も増えてきているそうです。

 前回の霧ヶ峰では実際に鹿をみることができなかった比留川さんは、今回捕獲や鹿肉料理などを通じて自然のことをしっかり勉強したいと意気込んでいました

  まずは畑野さんのお話を聞いた後、罠を仕掛けてある場所に移動します。

zibie3O
 案内された道路脇には、イノシシなどにより土が掘り返された場所がありました。この掘り返された土で溝がつまり溝の水が道路にあふれてくるため何度も土を戻したりして苦労しているそうです。真剣にイノシシ被害の苦労話を聞きました。

O
 まず、罠の仕掛けてある場所を確認。こちらのワナには鹿がかかってなかったようです。

 また、山のちょっと奥まで場所を移動――鹿の罠のかけ方を見学しました。

zibie6OO
 比留川さんは、すごく険しい獣道を畑野さんについて一生懸命下りて行きます。

 鹿は嗅覚が敏感であるため、ワナにはニオイが付かないよう手袋をして仕掛けます。この他にも、鹿を捕まえるためのテクニックやノウハウを色々と教えていただきました。

  続いては、畑野さんのお宅で奥様に鹿肉の調理を教えていただきました

 最初に鹿肉を使用したサラダづくりに挑戦です。

OOOO
 30分ボイルした鹿肉をスライスし、ドレッシングをかけて出来上がりです

 「鹿肉を触ったのは初めて(^^)鹿肉って言わないと分からないです。しっかりした赤み系って感じでさっぱりしてそう」っとボイルした鹿肉を切ってみた比留川さんの感想です。

 次は鹿肉のステーキで~す。

OO
 甘い香りがするっ!と比留川さん!!鹿肉の特有のにおいを消すため下処理でサイダーに付けるそうです。サイダーにつけると甘みも出てきてほろあいがよくなり、お肉を柔らかくするのだそうです。

 まずは、お肉の分厚さにビックリ!!他のお肉と比べても色合いが違います。肉質は少し固めのしっかりした赤味のお肉というような感じです。

 ここでは畑野さんに焼き方を教えてもらってます。

 鉄板の上では、肉がイイ具合に焼けてます。

O
出来上がりで~す♪

O
 今回比留川さんがお手伝いさせていただいたのは、鹿肉サラダと鹿肉ステーキです。イノシシ鍋とおにぎりは畑野さんの奥様お手製です。イノシシ鍋は本来、冬のものらしいですが、特別に作っていただきました。長野県内に住んでいてもなかなかイノシシや鹿肉は食べられないのである意味貴重です。)^o^(

  比留川さんは食卓の料理を前にテンションアゲアゲです♪

OO
 実際にジビエを食べてみると、くせがなくて食べやすくておいしい♪って満面の笑みです。

 イノシシ鍋はお肉が柔らかくてとてもおいしい。

 井野さんいわく、鹿のお肉は鉄分を多く含んでいてヘルシーなので女性にとても良い食べ物とのことです。

  ここで畑野さんと別れて、次は鹿の革を使ったブックカバー作りを井野さんに教えていただきました(^^)

1 2 3 4

このブログのトップへ