い~な 上伊那 2つのアルプスと天竜川からなる伊那谷の北部に位置し、雄大な自然に囲まれた上伊那地域。 この地域の自然、食、歴史や地域のがんばる人々など、私たち職員が見つけ、感じた上伊那の魅力と地域の活力を発信します。

い~な 上伊那

2つのアルプスと天竜川からなる伊那谷の北部に位置し、雄大な自然に囲まれた上伊那地域。 この地域の自然、食、歴史や地域のがんばる人々など、私たち職員が見つけ、感じた上伊那の魅力と地域の活力を発信します。

長野県魅力発信ブログ > い~な 上伊那 > 保健福祉事務所 > 食育フォーラムを開催しました!

食育フォーラムを開催しました!

3月6日(木)に開催した「上伊那地域食育フォーラム」の様子をお伝えしますface02




上伊那地域では子どもの頃から豊かな心と健やかな身体を育むため、様々な関係者による食育活動を行っているところですが、さらなる食育推進を図ることを目的に、食育フォーラムを昨年度より開催しています。

事例発表
①「宮田村学校給食を育てる会で取り組む食育活動」
 
宮田村学校給食を育てる会の設立から現在までの活動や、地域全体で取り組む地産地消の大切さについてお話していただきました。


②「箕輪町で取り組む食育活動~地域の栄養士との連携を通して~」
 
学校と連携して実施している「学校給食アイディア料理コンテスト」等の様子や、他の職場の栄養士と連携して実施している「みのわ減塩応援団」の活動について紹介していただきました。


講演
「楽しく学ぼう!郷土の食と食事バランスガイド」
 講師 長野県調理師会食育推進部長
     駒ヶ根グリーンホテル総料理長 山越 信治 先生
 

「食事バランスガイド」は、1日に「何を」「どれだけ」食べたらよいかの目安を分かりやすくイラストで示したものです。
コマの上から多く食べてもらいたい順に、
主食(ごはん、パン、めん等)
副菜(野菜を使った料理)
主菜(肉、魚、卵などを使った料理)
牛乳・乳製品果物
と並んでおり、それぞれについて1日に「どれだけ」食べたらよいのか目安の量が示されています。


山越先生は、食事バランスガイドについて人の歯の構造の面からお話をしてくださいました。
人の歯は、穀類を食べる歯(大臼歯、小臼歯)が計20本野菜を食べる歯(切歯)が8本を食べる歯(犬歯)が4本あり、この歯の比率を見ると、食事バランスガイドと同様に、1番多く食べるのが主食、2番目が副菜、3番目が主菜というのがわかるとのことです。

食事バランスガイドについて詳しく知りたい方は下記URLをご覧ください。
http://www.maff.go.jp/j/balance_guide/b_koma/about/index.html
(農林水産省HPへリンク)

食事バランスガイドの他にも、食や料理に関する豆知識を交えながら、行事食の云われや、人の身体と尺貫法の関係などについてお話をしていただきました。


展示

ホールには、JAや各市町村等で行われている食育活動や、食生活改善推進協議会による地域の農産物を使った減塩おすすめ料理の展示をしていただきました。
 
 
 

参加者の方からは、「色々な取り組みを知ることができて勉強になった。」「自分の市町村での活動の参考にしたい。」との声が聞かれました。
今回の食育フォーラムが、上伊那地域のさらなる食育推進のきっかけのひとつになれば嬉しく思いますicon01



LINEで送る

このブログのトップへ