い~な 上伊那 2つのアルプスと天竜川からなる伊那谷の北部に位置し、雄大な自然に囲まれた上伊那地域。 この地域の自然、食、歴史や地域のがんばる人々など、私たち職員が見つけ、感じた上伊那の魅力と地域の活力を発信します。

い~な 上伊那

2つのアルプスと天竜川からなる伊那谷の北部に位置し、雄大な自然に囲まれた上伊那地域。 この地域の自然、食、歴史や地域のがんばる人々など、私たち職員が見つけ、感じた上伊那の魅力と地域の活力を発信します。

長野県魅力発信ブログ > い~な 上伊那 > 自然・山・花 > 早太郎温泉「こまくさの湯」

早太郎温泉「こまくさの湯」

発掘探検隊のyです。

 

昨年11月に早太郎温泉「こまゆき荘」を紹介しましたが、

早太郎温泉には、他にも多くの入浴施設があります。

 

今回は、そのうちのひとつ「こまくさの湯」を紹介します。

DSCN1636
「こまくさの湯」があるのは、駒ケ根市赤穂

中央アルプスのふもと、自然豊かな場所にあります。

 

玄関を入ると、2階まで吹き抜けの開放感のあるフロアーが目に飛び込んできます。

DSCN1608
1階正面には、お土産などの販売コーナー、さらに奥には、食堂があります。

DSCN1609
左側には、ソファーがあり、テレビが見れるようになっています。

2階では、マッサージや、休憩所もあるようです。

 

あとで、ゆっくり館内を見ることにして

まずは、お風呂入ってみます。

 

浴槽は広く、外には露天風呂があります。サウナやジェット風呂もあり、いろいろな楽しみ方ができます。

露天風呂からは、綺麗な景色を見ることができ、お湯もじっくり浸かっていられる、丁度いい感じでのお湯です。

冬は特に、外気で頭が冷えるため、のぼせることなく長湯できそうです。

 

また、洗い場のシャワーは、止めない限り流れる仕様のようで、体についた泡を流している間、

軽く4~5分は流れていました。 ありがたい機能です。

 

お風呂から上がり、脱衣所で身体を拭いていると、館内放送が流れてきました。

海外から来られた方のための入浴に当たっての注意事項です。

日本への海外観光客が増加していると聞きますが、温泉も海外観光客には人気があるようで、

この「こまくさの湯」さんにも、何人か来ていました。

 

お風呂を楽しんだ後、急激におなかがすいたので、食堂へ。

DSCN1613
黒川マス塩焼きやソースかつ丼などがあるなか、

DSCN1612
食べたことのない、ソース海老かつ丼をいただくことにしました。

DSCN1625
味付けは、ソースかつ丼のソースよりやや甘い印象。

中には、エビがぎっしり詰まっています。

DSCN1627
食堂から見える太田切川の景色とともに、美味しくいただきました。

DSCN1623
また、お土産コーナーには、地元ならではの商品があります。

DSCN1610
こまくさの湯を出て 道を挟んだ先には、五平餅が食べれるお店もあります。

観光で来た際には、是非、買っていきたいものです。

 

まだまだ、寒い日は続きます。皆さんも心と体を暖めにお出かけしてみてはいかがでしょうか。

LINEで送る

このブログのトップへ

アクセス カウンタ
  • 301900総閲覧数:
  • 109今日の閲覧数:
  • 457昨日の閲覧数:
CLOSE