じょうしょう気流 「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

じょうしょう気流

「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

長野県魅力発信ブログ > じょうしょう気流 > その他 > 「とりみつ」で豚しじみ鍋

「とりみつ」で豚しじみ鍋

 

こんにちは。

 

総務管理課のさくたろうです。

 

 

先日、上田合同庁舎近くの居酒屋「とりみつ」で宴会をしました。

とりみつ1
 

そのときに出たメニューをご紹介します。

とりみつ3 とりみつ4
 

 

まずは、こちらのお店の名物でもある「豚しじみ鍋」(2人前2,808円(税込み)より)です。

とりみつ5
 

セットされたお鍋には、たっぷりのしじみと、ニンニクが丸ごと2玉入っています。

 

一度来店したことはあったものの、この「豚しじみ鍋」をいただくのは初めてだったので、作り方がわかりませんでしたが、何度か食べたことがあるという頼もしい経験者の方がいて、とても助かりました。

 

もちろん、お店の方も親切に作り方を教えてくれるので、私のような初めての方もご安心ください。

 

 

ガスコンロに火を着けて、お鍋が煮立ったところへ、キャベツを入れます。

とりみつ6
 

かなりの量なので、数回に分けて入れました。

とりみつ8
 

いくらか火が通ったところで、豚肉を入れます。

とりみつ7 とりみつ9
 

完成した鍋は、ポン酢でいただきました。

 

夏場ではありますが、あっさりとしたお鍋は、しじみの出汁がよく利いていて、とても美味しかったです。

 

出汁として入っていた、しじみとニンニクも食べられるとのことで、翌日のことが気になり、ニンニクは最初遠慮していましたが、少しいただいたらとても美味しくて、どんどん食べてしまいました。

 

 

お鍋が出来上がるのを待っているあいだ、エビフライとお刺身盛り合わせと焼き鳥をいただきました。

 

あまりにも料理が美味しかったので、食べることに夢中になってしまい、お写真がなくて申し訳ありません。

 

エビフライは、とても大振りなエビでびっくりしました。

 

焼き鳥は、上田名物の「美味だれ」でいただくことができます。

 

塩胡椒でしっかり味付けがされていたので、そのままでもとても美味しかったです。

 

お刺身もいろんな種類のものがあり、豪華な盛り合わせでした。

 

 

鍋の〆はラーメンです。

とりみつ10
 

出汁に少しお醤油を足してスープにしたら、とても美味しかったです。

 

 

こちらのお店は、ご夫婦で切り盛りする、アットホームなお店です。

とりみつ2
 

カウンターにはたくさんのお酒が並んでいます。

 

この記事の掲載にあたり、奥様にお話をしたところ、「なかなか入りにくいお店かもしれませんが、是非一度お立ち寄りください!思ったより気軽に入れるお店です!女性の方も、お一人様で来る方も多いですよ!」という一言をいただきました。

 

 

ちなみに、この時期のおすすめは「お疲れサマーセット」1,080円(税込み)だそうです。

とりみつ11
 

中ジョッキの生ビールが2杯と、おつまみに枝豆(小)と冷奴(小)が付いてきます。

 

ちょうど奥様からお話を伺っているときに、このセットを注文したお客様から、「何だい、えらく良心的なお値段だけど、こんなに安くて大丈夫かい!」という声が聞こえました。

 

まさに、地元の方から愛されるお店だなと思いました。

 

 

カウンターでお店の方と会話を楽しみながらお一人様で、奥の小上がりでご家族・ご友人と、上の宴会場でわいわいしながら団体様で、お店こだわりの料理を堪能してはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

とりみつ

 

〒386-0012
長野県上田市中央2-18-18

0268-22-8954

営業時間 17:00~23:00

定休日 日曜・祝日(予約にて営業)

 

LINEで送る

このブログのトップへ