じょうしょう気流 「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

じょうしょう気流

「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

ろくもん試乗会

 農政課のとら鉄です。
 地域政策課のコバさんの内覧会に続き、試乗会に参加してきました。

 試乗したのは、軽井沢から上田まで。
 普通電車で軽井沢に着くと、早速ろくもんがお出迎え。

 電車マニアの息子(保育園児)によると、見慣れた115系の赤い電車(左)と、ろくもんに改装された115系(右)が並んでいる姿がたまらないらしいです。

 駅の改札で参加証を受け取り、再びホームへ。

 今回は立ち入れなかった3号車の個室をホームからのぞいてみます。

 14時55分にドアが開き、いざ電車内へ。

 車内は真新しい木の香り。
 子供たちは木のプールに夢中です。
 

 絵本コーナーもあり、我が家の子供はトーマスの絵本を読みふけっています。(景色でも楽しめばいいのに)

 
 この1号車は、乗車券+1000円(子供は500円)で乗車することができますよ。

 
 そうこうしているうちに、あっという間に試乗会の終点上田駅へ到着。
 子供たちも大満足の「ろくもん」。7月11日からいよいよ運行開始です。
 

このブログのトップへ