諏訪を体感!よいてこしょ!! 諏訪地方の新鮮な話題を 私たち職員がお届けします。

諏訪を体感!よいてこしょ!!

諏訪地方の新鮮な話題を 私たち職員がお届けします。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 諏訪を体感!よいてこしょ!! > その他 > 水鳥たちを泣かせるモノ――バードフェスティバル諏訪2――

水鳥たちを泣かせるモノ――バードフェスティバル諏訪2――

こうした回収作業は134回にのぼり、
集めたテグスは199本となりました。

今回の展示はそのテグスの一部を
集めたものです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【安全な水辺のために】

林さんのテグス回収は2007年で一区切りとなり、
以降は気が付いたときに行っているそうです。

10年にわたる回収作業のおかげで
回収されるテグスの本数が減ってきたからです。

また、ワカサギ釣りのドーム船の普及も
放置テグスの減少に一役買いました。

昔は吹きさらしのボートで
ワカサギ釣りをすることが多く、
手がかじかんだ釣り人の中には
いくつもの針がついた糸をまとめるのが面倒で
切って捨てた人もいたと言われているからです。

しかし一時期より減ったとは言え、
今でも諏訪湖ではテグスにからまった野鳥が
発見されることがあります。

林さんはこう危惧します。
「国内の水辺で年間に命を落とす鳥が
どれほどいることでしょう!
4ケタはあると予想します。
さらに死んだ鳥を捕食する動物を含めると、
被害はもっと増えるでしょうね」

1 2 3 4 5 6

このブログのトップへ