諏訪を体感!よいてこしょ!! 諏訪地方の新鮮な話題を 私たち職員がお届けします。

諏訪を体感!よいてこしょ!!

諏訪地方の新鮮な話題を 私たち職員がお届けします。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 諏訪を体感!よいてこしょ!! > その他 > 水鳥たちを泣かせるモノ――バードフェスティバル諏訪2――

水鳥たちを泣かせるモノ――バードフェスティバル諏訪2――

1996年と言えば、オオワシのグルが
初めて諏訪湖に飛来した年ですね。

そのとき林さんは
「諏訪湖を訪れる野鳥たちのためにも、
水辺の危険を除去しなければ!」と
一念発起したのだそうです。

しかしテグスは岸辺の岩などに
ひっかかっていることが多いため、
岩と岩との間をまさぐるようにして
回収しなければなりません。

しかも釣り針がついているので
とっても危険な作業。

林さん自身も釣り針で
指を切ってしまったことがあるそうです。

(実際、諏訪湖の漁師さんたちも
投網をたぐり寄せる時、
網にからまった釣り針で
手をけがすることがあるそうです)

湖面に漂っているテグスは
大風のときに岸辺に吹き寄せられて
水草にからまっていることが多いので、
林さんは大風の後を狙って
風下の岸部で回収したりしたそうです。

作業は白樺湖や蓼の海、いずみ湖、
明王池、上川でも行なわれました。

1 2 3 4 5 6

このブログのトップへ