諏訪を体感!よいてこしょ!! 諏訪地方の新鮮な話題を 私たち職員がお届けします。

諏訪を体感!よいてこしょ!!

諏訪地方の新鮮な話題を 私たち職員がお届けします。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 諏訪を体感!よいてこしょ!! > その他 > 水鳥たちを泣かせるモノ――バードフェスティバル諏訪2――

水鳥たちを泣かせるモノ――バードフェスティバル諏訪2――

テグスはどんなに細くても、
鳥の力で切ることが出来ないからです。

では、「バードフェスティバル諏訪」で展示され、
来場者を驚かせた写真をごらんください。

(1) これは針がついたままの魚を飲み込んだヤマセミです。

(2) 次はくちばしに針が刺さり、
   おもりをぶらさげたままのコハクチョウ。

(3) こちらは釣り糸が絡まり、
   浮きを引きずっているハジロカイツブリ。

(4) これは糸が食い込み、
   暴れて脚を骨折したバン。

(5) こちらはくちばしと首が針によってつながれ、
   餌が採れないカンムリカイツブリ。

どれも目を覆いたくなる惨状です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【テグスの回収】

こうした鳥たちの姿に胸をいためた
日本野鳥の会諏訪支部長の林正敏さん。

1996年から一人で
テグスの回収を始めました。

1 2 3 4 5 6

このブログのトップへ