諏訪を体感!よいてこしょ!! 諏訪地方の新鮮な話題を 私たち職員がお届けします。

諏訪を体感!よいてこしょ!!

諏訪地方の新鮮な話題を 私たち職員がお届けします。

諏訪の角寒天の新しい魅力発信!

このおいしそうなスイーツは、一体何でしょう?

実はこれ、角寒天をベースにつくられたスイーツです。

これをつくったのは、茅野市立宮川小学校 3年2部の児童のみなさんです。

11月9日(金)に宮川小学校にて寒天をテーマとした公開授業が行われました。

この日の講師は、茅野市の寒天料理店の店長 両角和哉さんです。




総合学習「われら、寒天名人」のテーマのもと
「見た目も味もみんなも喜ぶ、おいしいデザートをつくろう!」と、
子どもたちが議論と試作を重ねた作品です。

この日は、それぞれの力作を講師の先生に試食してもらい、話し合いをしました。

この次の参観日に、お母さんたちをびっくりさせようという試みです。

 

角寒天は、「昔ながらの地元の食べ物」という地味なイメージがあったのですが、
子どもたちの「宝石箱のようなデザート」の発想に驚き、角寒天のもつ新しい可能性に気づかされる授業でした。

「お母さんに喜んでもらいたい!」と語る子どもたちのきらきらした瞳が印象的でした。



諏訪地域で生産される角寒天は全国一の生産量を誇り、角寒天の天日干しは諏訪の冬の風物詩として有名ですが、近年生産・消費とも伸び悩んでいます。

宮川小の子どもたちよりも、
親世代の私たちの方が寒天の良さを知らないのかもしれません。

1 2

このブログのトップへ