諏訪を体感!よいてこしょ!! 諏訪地方の新鮮な話題を 私たち職員がお届けします。

諏訪を体感!よいてこしょ!!

諏訪地方の新鮮な話題を 私たち職員がお届けします。

セルリーの出荷が始まりました!

こんにちは、諏訪農業農村支援センターです。
諏訪地域のセルリーの出荷が始まりました!

【出荷期間】
 露地栽培:6月下旬~10月中旬
 ハウス栽培:5月8日~6月下旬、10月中旬~11月中旬

【主な産地】
原村、茅野市、富士見町

諏訪地域の高原の冷涼な気候はセルリーの栽培にぴったりで、その生産量、出荷量は全国1位を誇ります。

実はセルリーは非常に栽培期間が長い野菜で、種まきから収穫まで約半年もかかります。
その間芽かきや病害虫防除など、多くの作業が必要です。

またセルリーは暑さに弱いため、鮮度やみずみずしさを保つために収穫作業は日が昇る前から始まります。朝早くには集荷場へ運び込まれ、以降予冷施設などを活用して鮮度が保たれたまま、市場まで運ばれます。

このように沢山手間暇をかけて栽培されたセルリーは、みずみずしくシャキッとした食感かつ、爽やかな香りが魅力です!

長野県公式クックパッドではセルリーを使ったレシピが公開されています。
生のセルリースティックにみそマヨを付けて食べるシンプルな食べ方もとてもおいしいですが、この機会に新しいセルリー料理に挑戦してみるのもいいですね!

ぜひこの旬な時期に、おいしいセルリーを食べてみてはいかがでしょうか?

【セルリーの産地お問い合わせ】
JA信州諏訪 営農部営農企画課
電 話 0266-71-2700
F A X  0266-72-0103

1 2

このブログのトップへ