南信州お散歩日和

南信州は、広い長野県の南端に位置しています。やわらかい方言が使われ、人も土地柄も温かく穏やかな当地域には、 各所に温泉があり、賑やかなお祭りもたくさんあります。 この地域ならではの魅力を職員がお伝えしていきますので、 南信州にどうぞおいでなんしょ!

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 南信州お散歩日和 > その他 > 11月2日に下伊那農業高校にて飯田花卉組合組合品評会が開催されます!!

11月2日に下伊那農業高校にて飯田花卉組合組合品評会が開催されます!!

農業改良普及センターのHです。日中はまだ時折汗ばむような暑さも残りますが、朝晩はすっかり涼しくなり、もう炬燵を使っている農家もあるようです。

さて、11月2日(金)には、飯田市鼎にある「下伊那農業高校」の稲丘祭(とうきゅうさい)に併せて、飯田花卉組合品評会が開催されます。

下伊那農業高校のサイトはこちらです ⇒ http://www.nagano-c.ed.jp/simonou/

飯田花卉組合は、南信州地域でカーネーションやバラ・洋ラン・花木・鉢花を生産す41名の農家の集まりで、品評会は今回で41回目を迎えます。前回は155点の花きが出品されました。

↑ 過去の審査会の様子です。行政関係者、市場関係者で審査されます。

↑ 過去の鉢花の出品です、レモンの鉢植えも出品されました。

↑ 過去の花木の出品です、管内は花木の栽培や、山採りも盛んです。

↑ 過去のバラや洋ランの出品です。

↑ 過去のカーネーションの出品です。

翌日の11月3日(土、祝日)には、下伊那農業高校の体育館で、朝9時半から、品評会に出品された花をはじめとした花きの販売が行われます。販売用に「お値打ちな花」もたくさん用意され、毎年人気があります。

その体育館内では、下伊那農業高校の生徒の皆さんが育てた野菜や花、その農産物を原料に加工した味噌やジャム・ジュースなどの加工品も販売され、「お値打ちで、とても美味しい」と大勢のお客さんで賑わいます。一般の方も来場され、お買い求めいただくことが出来ますので、ぜひ皆さんご来場ください。

今年からは、飯田花卉組合も下伊那農業高校と連携してシクラメン栽培の支援を行っており、例年よりもレベルアップした「高校生が育てたシクラメン」が販売されます。

稲丘祭そのものも、とても活気があり、見応えがありますので、ぜひ皆さんご来場ください。

このブログのトップへ