南信州お散歩日和

南信州は、広い長野県の南端に位置しています。やわらかい方言が使われ、人も土地柄も温かく穏やかな当地域には、 各所に温泉があり、賑やかなお祭りもたくさんあります。 この地域ならではの魅力を職員がお伝えしていきますので、 南信州にどうぞおいでなんしょ!

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 南信州お散歩日和 > 南信州の観光・自然・花 > 魅力満載のローカル線!飯田線(15)遥かなる秘境駅「金野」を目指して

魅力満載のローカル線!飯田線(15)遥かなる秘境駅「金野」を目指して

地域政策課のHKです。

飯田線シリーズ、前回は唐笠駅を紹介しました。(前回はこちら

karakin0

唐笠駅の取材が終わり、次の金野駅へ行こうと思いましたが、下り電車が来るのは3時間後・・

待つのは辛いし・・よぉーし、頑張って歩くぞ! ということで

今回は「唐笠(からかさ)駅」から「金野(きんの)駅」まで、実際に歩いた長い道のり(約8キロ)を紹介したいと思います!

 

唐笠駅を出て、坂を上ると、県道64号線に出ます。

金野駅へは左に曲がり、さらに64号線を上って行きます。(写真右上)

karakin1

道はカーブを繰り返しながら、上り坂が続きます。

karakin2

この県道64号線の途中に、飯田線の撮影ポイントがあります。

下の写真、車線が狭くなる標識の辺り。

karakin3

karakin4

ここのガードレールから下を望むと・・

karakin5

山と天竜川、そして飯田線の線路が見えます。

(上の写真は、初秋に撮影したものです。)

ここは、泰阜村の観光パンフレットにも使用されている撮影ポイントです。

電車が来るまで待ち、撮影した写真がこちらです。

karakin6

いかがですか? 上から見下ろす飯田線もいいですね。

なお、撮影する際は、車の交通量は多くありませんが、道の路肩が狭いので、安全に十分注意してください。

1 2 3 4 5

このブログのトップへ