南信州お散歩日和

南信州は、広い長野県の南端に位置しています。やわらかい方言が使われ、人も土地柄も温かく穏やかな当地域には、 各所に温泉があり、賑やかなお祭りもたくさんあります。 この地域ならではの魅力を職員がお伝えしていきますので、 南信州にどうぞおいでなんしょ!

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 南信州お散歩日和 > 南信州の観光・自然・花 > 【信州 山の月間】御池山:1,905m(飯田市上村)

【信州 山の月間】御池山:1,905m(飯田市上村)

山歩小僧1号です

遠山郷観光協会さんのウォーキングMAPに、こちらも掲載されていた御池山に行ってきました

霧雨が時折舞う曇りがちな空模様でしたが、眺望が目的ではないので大丈夫

曇りがち

ハイランドしらびそから南へ3kmほど下ると遊歩道入口があります

歩道はいきなりの登りから始まり、程なく稜線に取り付きます

いきなりの登り

その後は小さなアップダウンを繰り返しながら高度を上げていきます

沿線の景色はカラマツの人工林、背の低い笹原、薄暗い針葉樹天然林など入れ替わっていきます

カラマツ林

無題

中でも苔むしたコメツガの林では独特の香りや怪しげな根株も楽しめました

山頂からは南東の眺望が良さそうです

山頂

笹原

実はこの御池山に連なる稜線は国内で唯一確認されているクレーターの縁なんだとか

案内板によると、3万年前に直径45mの隕石が落下、直径900mのクレーターができたとのこと

その縁の4割ほどが残っており、それが御池山の稜線だというのです

岩稜

そんな知識を持って山道を行けば、ちょっとした岩稜もダイナミックな宇宙の営みの産物に見えてきます

 

山頂手前から右へ、高低差で100mほど下ると中郷御池があります

山腹に大きな窪地があり水が溜まっていました

池

この窪地も隕石衝突によるものかもしれません

1 2

このブログのトップへ