南信州お散歩日和

南信州は、広い長野県の南端に位置しています。やわらかい方言が使われ、人も土地柄も温かく穏やかな当地域には、 各所に温泉があり、賑やかなお祭りもたくさんあります。 この地域ならではの魅力を職員がお伝えしていきますので、 南信州にどうぞおいでなんしょ!

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 南信州お散歩日和 > 南信州の観光・自然・花 > 「そらさんぽ天龍峡」から秘境駅JR千代駅へ!!

「そらさんぽ天龍峡」から秘境駅JR千代駅へ!!

農地整備課の中年Yです。

年末の12月28日(土)、天龍峡ICの駐車場(天竜川右岸)から「そらさんぽ天龍峡」を渡って、

JR千代駅(天竜川左岸)まで行ってきました!!

まずは、「そらさんぽ天龍峡」から「JR千代駅12時04分発 下り天龍峡行の電車」をお見送り。

【千代駅12時04分発 下り天龍峡行の電車】

左岸側駐車場内にある案内看板に従い、天龍峡大橋の下をくぐり、道沿いに天竜川の方へ

下っていくと、小走りで10分ほどで「JR千代駅」に到着しました。

【案内看板(千代駅までの部分を拡大)】

道中には四季桜が!最後は沢沿いに下りました。

ホームに立つと、駅舎の屋根の上に天龍峡大橋を望むことができました。

ということは、「そらさんぽ天龍峡」から「JR千代駅」が見えるということを

裏付けていることが分かったのです!!

【駅舎の上に見えるのが天龍峡大橋】

また、駅舎内に置かれた自由帳には、遠方から見えた方が記念に記したものもあり、

見ていて楽しい気分になりました。

自由帳に見入っていると、電車の音が・・・。

なんと、12時24分天竜峡駅着の特急伊那路が目の前を通過していきました。

特急ですので、もちろん千代駅は素通りです。

【12時20分過ぎに特急伊那路を見送る】

電車を見送った後は、四季桜を楽しみながらゆっくり来た道を戻りました。

「そらさんぽ天龍峡」から「JR千代駅」が見えるはずと、戻ってから眺めると、

右岸側(西側)に近いほうからばっちり見えました!!

【電車の左側が千代駅 12:50天竜峡駅発 上り豊橋行】

年明けの1月3日にも行ってしまいました。その時は天竜川の色がとても美しかった!!

【1月3日:「そらさんぽ天龍峡」から天竜川を望む】

今回は、「そらさんぽ天龍峡」から秘境駅「JR千代駅」へ徒歩で簡単に

行くことができることを紹介させていただきました!!

”そらさんぽ”を訪れた際には、秘境駅まで足を延ばして散歩するのもいいですね!!

このブログのトップへ