南信州お散歩日和

南信州は、広い長野県の南端に位置しています。やわらかい方言が使われ、人も土地柄も温かく穏やかな当地域には、 各所に温泉があり、賑やかなお祭りもたくさんあります。 この地域ならではの魅力を職員がお伝えしていきますので、 南信州にどうぞおいでなんしょ!

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 南信州お散歩日和 > 南信州の観光・自然・花 > 大河ドラマ「おんな城主 直虎」放送開始 信州ゆかりの地も必見!

大河ドラマ「おんな城主 直虎」放送開始 信州ゆかりの地も必見!

こんにちは商工観光課です。

待ちに待った大河ドラマ「おんな城主 直虎」が、1月8日(日)から始まりました。

おとなりの遠江(とおとうみ→現在の浜松市)を舞台とするドラマですが、この南信州にも“ゆかりの地”がありますので紹介します。

 

ドラマの第一話で、主人公「おとわ」(のちの井伊直虎)の許婚である「亀之丞」(のちの井伊直親)は、“早くも”追われる身となってしまいました。亀之丞が9歳のときのことです。

その際に、おとわの機転に助けられ逃げ延びてきたのが南信州・高森町の「松源寺」です。

亀之丞は松岡城主の守護のもと、20歳で井伊谷(いいのや=現在の浜松市引佐)へ戻るまでの10年余をこの地で過ごしたのです。

(松源寺、松岡城址については、農地整備課 Yさんがブログで紹介→こちら

 

そして、南信州で10年余を過ごした亀之丞は、高森町のみならず飯田市にもゆかりを残しています。

それが「飯田井伊家」です。亀之丞は松源寺に匿われている間に、嶋田村の(現飯田市松尾)代官の娘と恋仲になり一子をもうけたと伝えられ、その子孫が江戸時代に飯田城下で「嶋田屋麹店」を始め、「飯田井伊家」として現在まで続いています。

(詳しくは飯田まちなか情報ブログで紹介→こちら

 

高森町では、「おんな城主直虎」の放送を、町をPRする千載一隅のチャンスと捉え、のぼり旗やポスター、リーフレット(→こちら)を作成!

burogu7

また、松源寺等を訪れる観光客を案内するために「おもてなしガイド」を育成し、町ぐるみでのPR体制を整えました。(詳細は→こちら

burogu3

さらには、放送開始前日である1月7日(土)、新東名高速道路の「NEOPASA岡崎」において、「おんな城主 直虎」の放送開始を盛り上げようと、県、飯田観光協会、NEXCO中日本と連携し、市田柿やその加工品、りんごや信州みそなどの特産品の販売を行いながら、観光誘客キャンペーンを行いました。

burogu1

burogu2 burogu6

長野県PRキャラクター「アルクマ」、高森町PRキャラクター「柿丸くん」、

NEXCO中日本オリジナルキャラクター「みちまるくん」も応援に駆けつけ、

熱心に南信州のPRを行いました。

力強い応援のおかげで、大勢のお客様にお立ち寄りいただき、信州ゆかりの地をPRできました。

1 2

このブログのトップへ