「旬」の宅配便~佐久っと通信~ いつでも新鮮! 職員が見つけた佐久地域の「旬」の魅力をお届けします。 どうぞ、さくっと見てください。

「旬」の宅配便~佐久っと通信~

いつでも新鮮! 職員が見つけた佐久地域の「旬」の魅力をお届けします。 どうぞ、さくっと見てください。

山間の隠れ家探訪

こんにちは。商工観光課です。

 

最近、佐久穂町の山間に国内外の旅行者が滞在型で宿泊しているという噂を聞き、早速訪ねてきました。

場所は佐久穂町大日向地区。岩下大悟さんが営む「山村テラス」です。

数年前にフィンランドを訪れた際、田舎に住む人がサマーコテージを持って週末をゆっくり過ごす暮らしに感銘して、2014年に「山村テラス」という小屋を自ら建て、以後「月夜の蚕小屋」、「ヨクサルの小屋」の3つの宿泊施設を経営しています。

今回はその中の「月夜の蚕小屋」を見せていただきました。

こちらはもともと農家の物置だった建物を、岩下さんが宿泊施設としてリノベーションしたそうです。

確かに外観はその面影を感じますね。

 

ところが、中へ入ると落ち着いた大人の空間が広がり、大きな窓からは自然が飛び込んできます。

 

 

この「月夜の蚕小屋」を含め、いずれの施設も食事は自炊。キッチンの棚はかつて小学校で使われていたものを譲り受けて活用されているそうです。

食材は車やレンタサイクルで地元の商店で調達したり、宅配で取り寄せるなど様々。普段とは違った食卓が楽しめそうです。

 

階段を上ると、広々とした寝室。部屋には机も置かれていて、書斎としても活用できます。こちらではバケーションで2~8泊する方多いそうですが、ワーケーション利用で2週間程滞在する方もおられるとのこと。

この空間、時が経つのを忘れてゆっくり過ごすことができそうです。

今回訪問した「月夜の蚕小屋」や「ヨクサルの小屋」は日本人客の利用が多いそうですが、「山村テラス」はインバウンドのオーストラリアや欧米の旅行者に人気だそうです。

皆さんもゆったりと流れる時間を味わいに、いらしてみませんか。

 

山村テラスについて、詳しくは山村テラスHPをご覧ください。

 

佐久地域振興局 商工観光課

0267-63-3157

このブログのトップへ