信州魅力発掘人 信州に魅せられ、活動する人たちの言葉には「信州の魅力」が凝縮されています。信州の魅力を掘り下げ、それを語る「信州魅力発掘人」。山の強さ、美しさ、厳しさ、素晴らしさを知る人たちが「山の魅力」を伝えます。

信州魅力発掘人

信州に魅せられ、活動する人たちの言葉には「信州の魅力」が凝縮されています。信州の魅力を掘り下げ、それを語る「信州魅力発掘人」。山の強さ、美しさ、厳しさ、素晴らしさを知る人たちが「山の魅力」を伝えます。

映像作家×ゆる山 vol.2

スキーの住み込みバイトから7年間白馬で過ごした井上さん。いったん東京で就職して、再び白馬に戻ってきたのは32、3歳のころでした。ここからは、井上さんと妻・のぞみさんのお二人に伺います。

変化を恐れず、自分が心魅かれるものを

- いずれは白馬で暮らしたい、という思いはどこかにあったんですか?

井上さん)
いや、まあ、そういうわけでもないんですが(笑)。東京にいたときから、冬は毎週、白馬に滑りに来ていました。まあ、勝手知ったる土地という感じで、どこに行けば何があって、どうやって家を借りればいいかも分かっていたので、引っ越ししやすいというのはありました。

- なんとなく、会社辞めたら白馬に行く、みたいな?

井上さん)
そんな感じですかね。こっちに来てからも、東京のゲーム会社から仕事をもらっていたので、それをしながら、スキーに行って。バックカントリーもやっていたんですが、その下見が、最初の登山でした。

- トータルすると白馬の生活は結構長いのに、登山はしてなかったんですね。

井上さん)
自然は好きだったんですが、山自体に興味はなかったんです。知り合いに頼まれて、バイトで登ったことはありましたが、あまり天候に恵まれなくて。ずっと白馬に住んでいたのに、白馬三山のどれが白馬岳かわからないような状態でした。それで、登りに行くときに貧乏性なのでカメラも持っていって、撮ったから作る、みたいなところが始まりですね。

- じゃあ、最初からストイックな感じというよりは、ゆるい感じの。

井上さん)
「ゆる山」ですね。ハードだと見ていても疲れるじゃないですか(笑)。もともと、スキーの映像もフリースタイル系だったので、音楽やカット割り、撮り方も含めて楽しい感じなんですよね。自分が見てきたものもそうだったので。

- 自分の撮りたいものを、撮っていると。

井上さん)
そうですね。「よし、これを仕事にしよう!」というつもりも特になかったです。

1 2

このブログのトップへ