信州魅力発掘人 信州に魅せられ、活動する人たちの言葉には「信州の魅力」が凝縮されています。信州の魅力を掘り下げ、それを語る「信州魅力発掘人」。山の強さ、美しさ、厳しさ、素晴らしさを知る人たちが「山の魅力」を伝えます。

信州魅力発掘人

信州に魅せられ、活動する人たちの言葉には「信州の魅力」が凝縮されています。信州の魅力を掘り下げ、それを語る「信州魅力発掘人」。山の強さ、美しさ、厳しさ、素晴らしさを知る人たちが「山の魅力」を伝えます。

高原リゾート×アウトドア用車椅子 vol.1

八ヶ岳の山麓に広がる富士見高原。
富士山、南アルプス、北アルプスの景観や、ハイキングや散策、サイクリングなどのアクティビティが楽しめる富士見高原リゾートは、数年前から「ユニバーサルフィールド」を目指し、環境づくりを進めています。
その取り組みの中心にいるのが、藤田然さん。「スーツ姿にチェーンソーを振り回し、ユニバーサルな道を切り開いた人」という噂を聞き、若干の不安を抱きながら訪ねると…穏やかな笑顔で迎えてくれました。

誰もが一緒に、感動を共有できる場所に

- 「ユニバーサルフィールド」って、どういう意味なんでしょうか?

子どもからお年寄りまで、障害者も介助者も、誰もが共に感じ、楽しむことができる場所です。バリアがあってもそれを楽しみながら解決できるように、環境づくりを進めています。

- 具体的にはどういうことを?

まずは、アウトドア用車椅子「HIPPO(ヒッポ)」を導入しました。「HIPPO」は大きなタイヤと長い持ち手で、介助者が簡単に操作できます。背もたれがリクライニングして、足も伸ばせるので乗り心地も快適。乗っている人も介助者も一緒に散策を楽しめます。

HIPPO

- 山道も行けるんですね。

結構、どんなところにも行けますね。3輪でシンプルなので扱いやすく、軽くて前輪も楽に浮かせられるので、子どもたちも「やりたい!」って率先してやるほどです。2011年6月に1台導入して、その後は少しずつ増やして、今は7台あります。ほかに、車椅子の前面に装着して前輪を浮かせるタイプの「JINRIKI(ジンリキ)」もあって、状況によって使い分けています。

- 「JINRIKI」は人力車っぽいですね。名前の通りで。

「HIPPO」はフランス生まれですが、「JINRIKI」は日本、しかも箕輪町の企業が開発したものです。リヤカーと同じような感覚なので、2、3分、レクチャーすればすぐに使えます。これは「HIPPO」の後に導入して、今は22台あります。

- どちらも、台数は結構ありますね。

敬老会や施設の遠足などで利用があると、1つの団体で7、8台は普通に出るので。そんなにたくさん必要なのかって話もあったんですが、誰がいつ来ても、借りられる状態にしたかったんです。

1 2

このブログのトップへ