信州魅力発掘人 信州に魅せられ、活動する人たちの言葉には「信州の魅力」が凝縮されています。信州の魅力を掘り下げ、それを語る「信州魅力発掘人」。山の強さ、美しさ、厳しさ、素晴らしさを知る人たちが「山の魅力」を伝えます。

信州魅力発掘人

信州に魅せられ、活動する人たちの言葉には「信州の魅力」が凝縮されています。信州の魅力を掘り下げ、それを語る「信州魅力発掘人」。山の強さ、美しさ、厳しさ、素晴らしさを知る人たちが「山の魅力」を伝えます。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 信州魅力発掘人 > 浅間山クラブ(小諸市)事務局長 栁田住吉さん > 広い視野で情報を収集して、山を安全に楽しんでほしい

広い視野で情報を収集して、山を安全に楽しんでほしい

さまざまな特徴を持つ山を全て味わえる長野県

- 栁田さんは外国の山も数多く登っていますが、山の魅力とは?

山登りは壮快ですし、登っているときは無心になれる。普段の雑踏から解放されたような気持ちになる瞬間もあります。そして何より、山には素晴らしい自然があり、大きな感動を得られます。

外国の山と比べて日本の山は、四季があって変化に富んでいるところが魅力です。緑もあるし、岩もあるし、浅間山だと火山特有のものもあります。途中にはさまざまな動物や昆虫、植物との出合いもあります。ただ上に上るだけではなく、自然に興味持って楽しみながら歩くと、今まで気付かなかったものが見えてくるのではないでしょうか。

- 春夏秋冬、さまざまな楽しみ方がありますね。

新緑や紅葉も良いですが、私が好きなのは冬です。雪が全てを覆い隠す真っ白な風景と、新雪を踏みしめる音が好きです。新雪は空気がいっぱい含まれていて、キュッと締まるような音がして、心地いいです。雨の中を登るのも風情があります。まあ、雨は嫌だという人もいますけどね(笑)。

- 長野県ならではの良さもありますか?

長野県には、低山から3000m以上の高山まで自然豊かな山がたくさんあり、日本の山の魅力が凝縮されていると言えるかもしれません。雪渓、カール、花畑、岩稜など季節を通して日本の山の魅力をすべて兼ね備えているエリアは他にはそうありません。せっかく素晴らしい地域に住んでいて、「山登りは大変そうだから」と挑戦しないのは残念だと思います。基本的な知識や技術、マナーを学んで、楽しく山に登る人が今後も増えると嬉しいです。


「浅間山の素晴らしい自然を楽しみ、そして大切にしてほしい」という栁田さん。インストラクターやガイドのほかにも、浅間連峰地区山岳遭難防止対策協会として、救助・捜索・相談業務(パトロール)などの活動も行っています。多角的に山に携わり、その魅力と厳しさを伝えてくれる人がいるからこそ、老若男女問わず、皆が山を楽しむことができるのでしょう。

PROFILE
1951年、長野県小諸市生まれ。20歳ごろから本格的な登山を開始。1974年から浅間連峰地区遭難対策協議会補導員(相談員)・救助隊員として現地での活動に協力。2005年に発足した「浅間山クラブ」の事務局長を務める。
長野県自然観察インストラクター、日本山岳ガイド協会自然ガイド、高山植物等保護指導員

1 2

このブログのトップへ