長野県は日本一

長野県には、誇れる日本一がたくさんあります。 長野県は、「行ってみたい」 「見てみたい」「住んでみたい」「経験してみたい」魅力にあふれています。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 長野県は日本一 > 多分、日本一 > 多分日本一■6つの大湯(共同浴場)(山ノ内町)

多分日本一■6つの大湯(共同浴場)(山ノ内町)

大湯は、外湯(共同浴場)のシンボル的存在といえ、温泉場の発祥の地です。

湯田中渋温泉郷には9つの温泉があり、その中に、なんと 6つの大湯(湯田中大湯、星川大湯、安代大湯、渋大湯、穂波大湯、角間大湯)が存在します。
ひとつの自治体に、6つもの大湯が存在するのは、日本でもここだけです。

安代大湯
安代大湯

湯田中温泉大湯は日本温泉協会発行雑誌「温泉」第47巻の「共同浴場番付」で東の横綱に番付られました。
ちなみに、西の横綱は道後温泉(愛媛県)です。

湯田中渋温泉郷は、上林・地獄谷・渋・安代・星川・湯田中・新湯田中・穂波・角間の9つの温泉のことを言い、大湯があるのは、その中の6つ(渋、安代、星川、湯田中、穂波、角間)です。

湯田中渋温泉郷について(山ノ内観光連盟オフィシャルサイト内)
 
メルマガ「週刊信州」とくとく信州 湯田中渋温泉郷はコチラ

リフト券プレゼントあります。(応募期間 H23.2.3-2.17)

【情報提供/お問い合せ】
山ノ内町 観光商工課
電話 0269-33-1107(直通)
E-mail kanko@town.yamanouchi.nagano.jp

地図はこちら

このブログのトップへ