長野県は日本一

長野県には、誇れる日本一がたくさんあります。 長野県は、「行ってみたい」 「見てみたい」「住んでみたい」「経験してみたい」魅力にあふれています。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 長野県は日本一 > 暮らし > ごみ排出量の少なさランキングで6年連続日本一!<一般廃棄物処理事業実態調査(令和元年度実績)>

ごみ排出量の少なさランキングで6年連続日本一!<一般廃棄物処理事業実態調査(令和元年度実績)>

長野県がごみ排出量の少なさランキング、6年連続日本一に輝きました!

本県の1人1日当たりのごみ排出量は、令和元年東日本台風災害による可燃ごみの増加などにより、平成30年度実績と比べて5g増えて816gとなりましたが、6年連続で最も少ない県となっています✨

「ごみ減量日本一」の継続及び「長野県廃棄物処理計画(第5期)」で目標に掲げる「1人1日当たりのごみ排出量790g(2025年度)」の達成を目指し、以下の取組を進めています。


1⃣食品ロス削減の推進
・「残さず食べよう!30・10運動」の推進
宴会料理は、7分の1が食べ残しで捨てられています。7品のコース料理なら1品がごみになっているんです‥もったいないですよね!
松本市発祥のこの運動では、最初の30分と最後の10分を自分の席について料理をいただくことを呼び掛けています。
よくある、信州人の一個残しももったいない!遠慮はいりません!
お料理は、残さずにおいしくいただきましょう( *´艸`)

・「信州発もったいないキャンペーン」の実施、協力店の登録増加・利用促進など
食品ロス削減のため、県内の小売事業者様と連携して、お買い物の際は、”賞味期限・消費期限間近な食品から購入する”、ご家庭では”残っている食材から使用し、上手に食べきる”などの環境にやさしい行動を呼びかけるキャンペーンを実施しています!

・「フードドライブ」の開催
調理しかけで捨てられてしまったもの、食べ残し、手つかずのまま捨てられてしまったものなど…まだ食べられるのに捨てられてしまう食べものを”フードロス(食品ロス)“といいます。
⽇本では1年間で約612万トン、1人あたりにすると毎日ご飯茶碗1杯分(約132g)の食べ物を捨てていることになります。
家で眠っている食品をフードドライブに寄付し、こどもカフェや食べものを必要としている人へ届けましょう!寄付することでSDGs(エス・ディー・ジーズ)にも貢献できます。

2⃣「信州プラスチックスマート運動」の推進、協力事業者の登録増加・取組周知など
・3つの意識した行動の呼び掛け
意識して「選択」 ストロー、レジ袋は必要かどうか
少しずつ「転換」 使い捨てプラスチックから代替品へ
分別して「回収」 使い終わったプラはルールに従い分けて回収へ

・協力事業者の登録促進等
「信州プラスチックスマート運動」の一環として、プラスチックの削減等に取り組む事業者等を県が登録しその取組等を紹介する「信州プラスチックスマート運動協力事業者」を募集しています。

[参考]過去10年間のごみ排出量の少ない都道府県トップ5の推移

年度
順位
H22 23 24 25 26 27 28 29 30 R元
1 沖縄県 熊本県 熊本県 沖縄県 長野県 長野県 長野県 長野県 長野県 長野県
2 熊本県 沖縄県 沖縄県 長野県 沖縄県 沖縄県 滋賀県 滋賀県 滋賀県 京都府
3 佐賀県 長野県 長野県 熊本県 熊本県 滋賀県 熊本県 京都府 京都府 滋賀県
4 長野県 佐賀県 佐賀県 滋賀県 滋賀県 熊本県 京都府 埼玉県 神奈川県 神奈川県
5 山形県 山形県 滋賀県 佐賀県 佐賀県 京都府 沖縄県 神奈川県 埼玉県 埼玉県

 


ごみを減らすためにできること・・・

家庭でできることは、生ごみの水切りを意識すること、詰め替え用の商品を利用すること、外食時は食べきれる量を注文して食べ残さないこと、などなど・・・

職場でできることは、紙の使用量を減らす意識を持つこと、付箋は再利用すること、マイボトルやマイカップ、マイ箸を持参すること、宴会時には食べ残し、飲み残しをしないこと、などなど・・・

引き続き、皆さまのご協力をお願いします!

 

関連サイト:信州ごみげんねっと

このブログのトップへ