信州森林づくり応援ネットワーク

あなたにちょうどいい森林との付き合い方を探す場所、それが「信州・森林づくり応援ネットワーク」です。楽しみ方を発見すれば、森林との距離はグッと縮まりますよ。信州には、森や山などの自然に魅了されている多くの人がいます。そんな人々が、きっかけのほしいあなた、つながりを求めているあなた、スキルアップしてみたいあなたをご案内します。信州の木を使った取組の話題もありますよ。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 信州森林づくり応援ネットワーク > 県産材利用 > 木育活動 > 八十二銀行上田支店に県産材のベンチが設置されました。

八十二銀行上田支店に県産材のベンチが設置されました。

八十二銀行は長野県を含む県下4地区の財産区などと、「森の里親契約」を締結して森林の整備などを進めています。
今回、その取り組みの一環として、同行上田支店の北側壁面に県産材のベンチやプランターを設置しました。
これは上田市の松くい虫被害を受けたアカマツ材を有効活用するため、地元で活動を続ける森林ネットワークスステーション・木楽歩(こらぼ)のフォレストライフ協同組合が製作したものです。

上田市内の商店街では、地域材を使用した景観木工品を増やして、人にも環境にも優しい、城下町にあった優しい町並み作りに取り組んでいます。皆さんも上田市にお越しの際は是非お立ち寄りください。

【上小地方事務所林務課】

このブログのトップへ