来て!観て!松本『彩』発見 歴史と伝統の城下町松本。のどかな田園風景安曇野。そびえたつ雄大なアルプス。自然と文化に彩られたまつもと地域の情報を、松本地域の県職員の発見を織り交ぜつつお届けします。 面白いこと新発見、知ってる人にも再発見、何だこれはの珍発見。当たり前だと思っていたことから、ローカルなことまで職員の発信する情報をお楽しみください。

来て!観て!松本『彩』発見

歴史と伝統の城下町松本。のどかな田園風景安曇野。そびえたつ雄大なアルプス。自然と文化に彩られたまつもと地域の情報を、松本地域の県職員の発見を織り交ぜつつお届けします。 面白いこと新発見、知ってる人にも再発見、何だこれはの珍発見。当たり前だと思っていたことから、ローカルなことまで職員の発信する情報をお楽しみください。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 来て!観て!松本『彩』発見 > その他 > 『派遣職員通信・筑北村編』~日本ウェルネス高等学校蹴球部が大活躍!

『派遣職員通信・筑北村編』~日本ウェルネス高等学校蹴球部が大活躍!

 筑北村では初の高等学校として期待されている日本ウェルネス高等学校信州筑北キャンパスの開校が今秋に迫っていますが、同校蹴球部は一足先にこの春から、信州筑北キャンパスで活動しています。
 そんな蹴球部が、6月6日に愛知県で開催された2015ホンダカップ東海大会U18クラスにおいて見事優勝しました!さらに、6月20日に筑北村で開催された全日本ユースフットサル大会県大会(18歳以下)でも優勝しました!
 拠点を信州筑北キャンパスに移してから2ヶ月、伊藤雅範監督が就任してから1ヶ月での快挙です。

 6月23日、部員の皆さんが関川村長を訪ね、優勝を報告するとともに、北信越・全国大会での活躍を誓ってくれました。

【採用】DSCN1369

 同校は地域貢献にも力を入れており、5月には、蹴球部員10名が、遊休農地の活用に取り組む住民団体の管理する畑で、住民の説明を受けながらゴマの種まきをしました。
 一部の部員は村内の住宅で生活を始めていますが、住民とあいさつを交わすなど徐々に地域に溶け込んできているようです。部活動だけでなく、高齢化の進む農家を手伝う若い力としても期待されています。

このブログのトップへ