来て!観て!松本『彩』発見

歴史と伝統の城下町松本。のどかな田園風景安曇野。そびえたつ雄大なアルプス。自然と文化に彩られたまつもと地域の情報を、松本地域の県職員の発見を織り交ぜつつお届けします。 面白いこと新発見、知ってる人にも再発見、何だこれはの珍発見。当たり前だと思っていたことから、ローカルなことまで職員の発信する情報をお楽しみください。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 来て!観て!松本『彩』発見 > その他 > 福岡RKBラジオまつりに参加しました!~信州ワインの角打ち(かくうち)編

福岡RKBラジオまつりに参加しました!~信州ワインの角打ち(かくうち)編

福岡市にある放送局RKB毎日放送で毎年実施している
「第22回RKBラジオまつり2018」に、地場産品のPRのため商工観光課も参加しました!

レポートが長くなりますので2つに分けて綴ります。
こちらでは当課が参加したブースの様子をメインにご報告します。

まずは・・・時間を出発に戻して信州まつもと空港!


当日も、市内の小学校の生徒さんが見学に訪れていました。

今回福岡に向かったのは、こちら!

GREENの機体でした!

会場の様子はもう1つのレポート「会場は大賑わい!編」でお伝えしていますが、

今回商工観光課チームは、塩尻市観光課のみなさんと共同で、
「信州ワイン角打ちブース」を出展しました!

・・・角打ち?
最初に聞いてピンときませんでしたが、

九州では「酒屋の店頭で酒を飲むこと」を「角打ち(かくうち)」と言うそうです。
どうやら昔、はかり売りのお酒を枡に入れて、その角に口をつけて、
その場で立ち飲みしていたことから、
「角打ち」と呼ばれるようになったそうです。

ぶらりと気軽に寄って(酔って)いただける、
おしゃれな大人の立ち飲みスペースとするために、
スタッフも


ソムリエエプロンでスタンバイ



そしてこの数!

なんと今回、信州が誇るワインバレーの、
桔梗ケ原ワインバレーと日本アルプスワインバレーの中から
14のワイナリー:20種類をご用意!

赤、白、ロゼ、スパークリングとまさに様々なお好みに応えることができるよう
ラインナップを揃えました!

開始直前にはラジオ出演でPRもしました!

 

22回目となったRKBラジオまつりでもワインの角打ちは初の試みとのことで、
反応が大変気になりましたが、、、

長蛇の列とまではいきませんでしたが、
なかなかの盛況ぶりで、絶えずお客様にお越しいただき、
ゆっくりとワインを楽しんでいただいている様子でした。

お客様にお話を聞くと、やはり普段は焼酎を飲む方が多く、
やっぱり辛めの白が好まれましたが、一方でフルーティーな赤も人気となり、
気温も高めだったのでスパークリングもよく出て、
一番多い方は、10杯も飲まれていました

 

そしてブースには、


となりのボトル販売とあわせて、ミスワインの方もご参加いただきました!

初日には2017ファイナリストの柳瀬史子さん、
そして2日目は2017ミスワイングランプリの済木南希さん(写真)に
応援に来ていただきました。

 

ブースではグラスでのワインの販売でしたので、
直接現地の方々とコミュニケーションもはかることができ、
「信州に、松本に行ったよ」というお話も多くの方からお話しいただきました。

訪れた場所の思い出や印象についてお聞かせいただいたり、
こちらからは今の松本エリアの情報などをお伝えしてきました。

不慣れなことではありましたが、塩尻市観光課の方々に主導していただき、
大変貴重な経験となりました。


帰りの便から見えた景色です。

福岡から90分で信州まつもと空港へ。
「近い」です。

このブログのトップへ