来て!観て!松本『彩』発見

歴史と伝統の城下町松本。のどかな田園風景安曇野。そびえたつ雄大なアルプス。自然と文化に彩られたまつもと地域の情報を、松本地域の県職員の発見を織り交ぜつつお届けします。 面白いこと新発見、知ってる人にも再発見、何だこれはの珍発見。当たり前だと思っていたことから、ローカルなことまで職員の発信する情報をお楽しみください。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 来て!観て!松本『彩』発見 > その他 > 松本地域大規模地震対策連絡会議(断層見学会)を実施しました

松本地域大規模地震対策連絡会議(断層見学会)を実施しました

地域に存在する活断層を、専門家のレクチャーの下で行政担当者及び地域の自主防災組織のリーダー等が見学することにより、この地域の地質や地形等への理解を深めるとともに、大規模地震に備えた防災意識の向上を図ることを目的として、信州大学の大塚教授を講師に迎えて「断層見学会」を実施しました。

松本市の中山霊園、城山公園及び安曇野市の光橋付近の3か所で、大塚教授の説明を聞きながら125名の参加者が断層及び断層が作った地形について学習しました。

いままで何気なく見ていた風景が、活断層の活動により作り上げられた地形であることを認識し、日ごろからの、防災・減災に対する意識付けのきっかけとなる見学会となりました。

城山公園からの見学の様子

光橋での見学の様子

このブログのトップへ