来て!観て!松本『彩』発見 歴史と伝統の城下町松本。のどかな田園風景安曇野。そびえたつ雄大なアルプス。自然と文化に彩られたまつもと地域の情報を、松本地域の県職員の発見を織り交ぜつつお届けします。 面白いこと新発見、知ってる人にも再発見、何だこれはの珍発見。当たり前だと思っていたことから、ローカルなことまで職員の発信する情報をお楽しみください。

来て!観て!松本『彩』発見

歴史と伝統の城下町松本。のどかな田園風景安曇野。そびえたつ雄大なアルプス。自然と文化に彩られたまつもと地域の情報を、松本地域の県職員の発見を織り交ぜつつお届けします。 面白いこと新発見、知ってる人にも再発見、何だこれはの珍発見。当たり前だと思っていたことから、ローカルなことまで職員の発信する情報をお楽しみください。

松本のワイナリーその5「林農園」

 松本のワイナリー紹介その5です。
 今回は、塩尻市桔梗ケ原の「林農園」さんです。

 長野県民のみなさんには「林農園」より「♪~ゆめ~ふくらむごいちわいん~♪」のCMソングでおなじみの「五一わいん」さんといった方がわかりやすいかもしれませんね。face01
 ワイナリーの入口でも、「五一わいん」と書かれた樽がお出迎えをしてくれてます。


 林農園さんは、創業1919年と長野県内で最も古いワイナリーです。
 創業以来、「良いワインはぶどうから」をモットーに、徹底された管理のもと「常に品質第一」を考え努力されてまいりました。
 現在は、自社農園7haと、約100件の契約農家で栽培されたぶどうを原料として様々なタイプのワインを醸造しているそうです。

 最近は、自園のメルロ種・シャルドネ種の栽培に力を注いでおり、それらを原料としたワインは県内外のワイン愛好の皆様に高い評価を得ているとのこと。
 またコンクールでも高い評価がされており、2000年5月にスロベニアで行われた「リュブリアナ国際ワインコンクール」で金賞を受賞して以来、国際コンクールで金賞5回、銀賞13回、国産ワインコンクールで金賞3回・銀賞9回を受賞しております。

 一口メモ
 塩尻市桔梗ケ原は、高級赤ワインの原料ぶどうである「メルロ種」の栽培に適した土壌・気候を有していることから、最近では世界のワインマップにも登場しているようです。

                         
                            くろ

 林農園のホームページはこちらをどうぞicon01

 http://www.goichiwine.co.jp

このブログのトップへ