来て!観て!松本『彩』発見 歴史と伝統の城下町松本。のどかな田園風景安曇野。そびえたつ雄大なアルプス。自然と文化に彩られたまつもと地域の情報を、松本地域の県職員の発見を織り交ぜつつお届けします。 面白いこと新発見、知ってる人にも再発見、何だこれはの珍発見。当たり前だと思っていたことから、ローカルなことまで職員の発信する情報をお楽しみください。

来て!観て!松本『彩』発見

歴史と伝統の城下町松本。のどかな田園風景安曇野。そびえたつ雄大なアルプス。自然と文化に彩られたまつもと地域の情報を、松本地域の県職員の発見を織り交ぜつつお届けします。 面白いこと新発見、知ってる人にも再発見、何だこれはの珍発見。当たり前だと思っていたことから、ローカルなことまで職員の発信する情報をお楽しみください。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 来て!観て!松本『彩』発見 > 食と農産物・名産品 > おいしい松本平の酒づくり! 第4回「大信州」

おいしい松本平の酒づくり! 第4回「大信州」

 このシリーズでは、松本酒造協会さんに御協力いただき、おいしい酒づくりに日々奮闘している松本平の蔵元さんの銘柄を紹介しています!

 第4回目は「大信州(だいしんしゅう)」です。




 


 大信州は松本市島立にある大信州酒造株式会社(明治21年創業)の代表銘柄です。
                                   

 大信州酒造では、「お客様の“旨い”“感動”“幸福実感”を創り出しています」という蔵のビジョンの元で、杜氏と社員が全力で酒造りにあたっています。


 大信州酒造の酒は、洗練された軽快さで料理の味を引き立てる「後味のキレ」と、酒の本質、旨さをそのまま瓶詰めした「無濾過」であることが主な特徴です。

 大信州酒造では多種にわたる酒をラインナップしていますが、今おすすめの一本は、「大信州 別囲い 純米吟醸 番外品 生(左写真)」。
 純米大吟醸と純米吟醸のブレンドで、一クラス上の純米吟醸!また、しぼったそのままを瓶詰めするので、オリが絡んでいます。


 大信州酒造の田中隆一社長から一言いただきました。

「当社では、普通酒でも大吟醸の造り方を踏襲しており、毎日、全てにおいて妥協なしの酒造りをしています。いつもの食事に「大信州」、どうぞご賞味ください。」


 左の写真は、世界最大規模にして最高権威とされるIWC(International Wine Challenge) の2012年のSAKE部門の純米酒の部でトロフィーを受賞したicon12「大信州N.A.C浜農場」。
 松本市島内産の契約栽培米ひとごこちを全量使用し、NAC(※)で認定された純米酒です。
 世界一の純米酒、どんな味がするんだろう…face08

1 2

このブログのトップへ