来て!観て!松本『彩』発見 歴史と伝統の城下町松本。のどかな田園風景安曇野。そびえたつ雄大なアルプス。自然と文化に彩られたまつもと地域の情報を、松本地域の県職員の発見を織り交ぜつつお届けします。 面白いこと新発見、知ってる人にも再発見、何だこれはの珍発見。当たり前だと思っていたことから、ローカルなことまで職員の発信する情報をお楽しみください。

来て!観て!松本『彩』発見

歴史と伝統の城下町松本。のどかな田園風景安曇野。そびえたつ雄大なアルプス。自然と文化に彩られたまつもと地域の情報を、松本地域の県職員の発見を織り交ぜつつお届けします。 面白いこと新発見、知ってる人にも再発見、何だこれはの珍発見。当たり前だと思っていたことから、ローカルなことまで職員の発信する情報をお楽しみください。

高等学校の先生も林業体験

林業総合センター指導部です。

林業総合センターは、長野県のほぼ中心部にあることから、林業関係だけでなく県内の様々な機関の方が訪れます。

今回は、隣接する総合教育センターからの要請を受けて、この春に高等学校の先生となられた皆様の体験研修として、林業体験をして頂きました。

cuting

 

 

 

 

 

 

体験研修では、郷土の自然環境と産業について学ぶことが柱の一つになっていることから、実際の体験を行う前に、森林学習展示館の一角で「森林と人間の関わりや長野県の森林・林業」を学んで頂きました。一時間の講義ですが、皆さん熱心に聴いていました。

kougi

 

 

 

 

 

 

講義が終わったら、実際の林業体験です。

とはいえ、普段の高校生活の中で林業に親しむ機会に恵まれている人は少ないでしょうから、自分たちの昼食を作るために必要な燃料となる薪を作って頂きました。

50年ほど前であれば、当たり前のように使われていた薪ですが、今回の参加者の中でまき割り経験があると答えてくれたのは、わずか一人。

ほとんどの皆さんが、人生初の薪割りでしたが、ケガもなく安全に作業に取り組んで頂きました。

maki

 

 

1 2 3

このブログのトップへ